「エギってどれがいいの?」やっぱり安定のエギ王Kでしょ!

「結局、釣れるエギってどれ?」

エギング歴10年以上のぼくの見解では「このエギなら絶対に釣れる」ってことはない。

なぜなら、どのエギでも釣れるときは釣れるし、釣れないときは釣れない。ただそれだけだと思う。

ただ、ぼくが好んで使っているエギは「エギ王K」だ。

毎年、新作のエギがどんどん登場するけど、ぼくは新作には目もくれず手に取るのはエギ王Kばかり。このエギ王Kも品薄状態が続いたけど、新作が出てくれるおかげで今は手に入りやすい。

だからぼくにとっては好都合。

エギング初心者の方は「どのエギを買ったらいいのだろう?」と迷うと思うが、エギ王Kを買っておけば安定の釣果はでる。

今回この記事では、ぼくがおすすめする「エギ王K」のお話をする。

目次

ブレない、シンプル、これがエギ王K

ここ数年、エギ王Kばかり使ってる

エギに派手なアクションはいらない。

欲しいのは一途にブレない姿勢とシンプルなアクションだ。

このヤマシタのエギ王Kには、ハイドロフィンが付いている。ハイドロフィンのおかげで、風や波、うねりのあるときでも一途に真っすぐに沈んでいく。

そして近年のエギに見られるような「派手なアクション」はあえてしないように設計されている。左右のダートは最小限に抑え、上に跳ね上がる動作もレンジキープがしやすいシンプルな設定となっている。

イカを抱かせるためには、フォールの姿勢が重要だ。

アクションはエギンガーがコントロールできるが、フォール姿勢はエギに任せるしかない。

エギ王Kは、一番重要でかつ、コントロールできないフォール姿勢を、海の状況に問わず安定したものにしてくれるのである。

迷ったらエギ王Kを買え

いつも買うエギ王K

釣り具やに行くと多種多様なエギが並んでいる。

はっきり言って本気で選ぼうと思えば、1時間、2時間は平気でかかってしまう。

エギ王Kにしてもいろいろなカラーがある。

ぼくがおすすめするのは次の3種類だ。

  • ムラムラチェリー
  • モエモエグリーン
  • パープルシャドウ

とくに「ムラムラチェリー」はデイでもナイトでも、濁り潮でも澄み潮でも、晴天でも曇天でも、どんな状況でも使えるオールマイティなカラーだ。

ぼくのエギケースの中は、ほとんどムラムラチェリーが占めている。

エギ選びに迷ったら、エギ王Kを買っておけば間違いない。

<エギの大きさって?シャローやディープって?どうやって選べばいいの?>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次