【エギング初心者必見】失敗しないギャフの選び方「ほど良い長さが決め手」

実は10年選手のエギンガーもなかなか持っていないギャフ。

確かに秋シーズンの中盤戦までならギャフはいらない。

しかし中盤戦からは、胴長20cmオーバーのアオリイカが釣れだす。

胴長20cmまでがロッドで抜き上げられる限界だと思ったほうがいいだろう。これより大きくなるとロッドが折れてココロも折れる。

だから初心者と言えどもギャフは必要である。

今回この記事では、私の失敗をもとにギャフの選び方とおすすめのギャフをご紹介する。

目次

私の失敗から学ぶギャフの選び方

1本目は「大は小をかねる」ということで長いギャフを買って失敗した。

2本目は安いギャフを買って失敗した。

「大は小を兼ねる」で選ぶと失敗する

私は長いギャフがあればどこでも使えると考え、ダイワのランディングポールⅡ600と第一精工のオートキングギャフを購入した。

全長6m超え、そして仕舞寸法90cmである。

高いお金を払っただけのことはある。見た目も高級感がありかっこいい。性能も十分だ。

しかしそれ以上にデメリットが大きかった。

「とにかく邪魔!」

仕舞寸法が長いギャフは家に置いておくにしても、車に入れるにしても、そしてエギングに行くにしても邪魔である。

この6mの高級ギャフは数回出番はあったものの、今はクローゼットで眠っている。

よく行く釣り場の高さに合わせてギャフを選ぶ

ギャフは「大は小を兼ねる」で選んではいけない。

自分が行く釣り場の高さに合わせて選ぶことが大切だ。

長さを選ぶ基準としては、足元から海面までの高さ+1mで考えるといい。

例えば足元から海面までが2mなら3mのギャフ、足元から海面までが3mなら4mのギャフを選ぼう。

足元から海面までが3mなのに3mのギャフでは寝転がってギャフを掛けるハメになる。

逆に長すぎてもフックが海中の深くまで入ってしまい、長さを調整しながらのギャフ掛けとなるため難しい。

やっぱりギャフはほど良い長さがいいのである。

なるべく仕舞寸法が短いギャフを選ぶ

私みたいに仕舞寸法90cmのギャフを買ってしまうとクローゼットに眠ってしまう。

ギャフはエギング中に手に持っておくことができない。

地面に置いておくと蹴っ飛ばして海に落としたり、必要なときに手の届かない所にあっては意味がない。

だからギャフは腰にぶら下げる必要がある。

ギャフは腰にぶら下げられるぐらいの長さで、短ければ短いほど邪魔にならない

しいて言うなら50cmぐらいまでだろうか。

安物を選ぶと失敗する

長さに失敗した経験を活かし、2本目のギャフは3mでコンパクトな安物を選んだ。

しかし安物を選んだことが失敗だった。

アオリイカを取り込む機能は十分あるのだが、シャフト(伸びる部分)の作りが安いせいかスムーズに伸びなかったり、縮めるときに戻らなかったりと苦労する。

アオリイカを取り込むとき、片手はロッドを握っているためギャフの操作は片手でしなければいけない。

ここでモタモタしているとせっかく釣れたアオリイカをバラしてしまう。

シャフトがスムーズに伸び縮みするかがギャフの命であると言える。

エギング用おすすめギャフ

ここからは私の失敗をもとに私が欲しいギャフをご紹介していく。

あくまで私が欲しいギャフであるが、初心者の方にも必要な機能性能を有している。

ぜひ手に取って欲しい。

【全長3.0m】第一精工 オートキングギャフCS300

出典:第一精工

エギング用ギャフのパイオニア「第一精工」

その第一精工の全長3.0m、仕舞寸法32cmのコンパクトモデルである。

なんと標準装備でマグネットで取り外し可能なセーフティーロープとベルトに引っ掛けられるハンガーを搭載している。

参考価格:11,870円(税込)

【全長4.0m】カンジインターナショナル ショートギャフⅢ 400

出典:KANJI

全長4.0mなのに仕舞寸法は32cmのコンパクト設計。

春の大型アオリにも対応した高強度を誇る。

参考価格:11,000円(税込)

【全長5.5m】第一精工 オートキングギャフ550X

エギング用ランディングギアの最高峰「オートキングギャフ550X」

全長5.5mでありながらも仕舞寸法57cmを実現した高性能・高機能モデル。

専用バッグ、ストラップ、タモを装着可能にするアタッチメント付き。

参考価格:28,600円(税込)

専用フレームネットセット 参考価格:11,000円(税込)

【全長6.3m】第一精工 オートキングギャフ630

出典:第一精工

全長6.3mのオートキングギャフの最長モデル。

最長モデルと言いながらも仕舞寸法はたったの62cm、ダイワのランディングポールⅡ600と比べても約30cmも短い。

参考価格:15,400円(税込)

ギャフにおすすめな付属品

エギングはランガンが基本である。

しかしギャフは常に手に持っておくことができないため、置き忘れたり海に落下させてしまうことが多く、エンギンガーにとっては大きな損失となる。

置き忘れた場合、ほぼ100%の確率で盗まれてしまう。

そこで肌身離さず体に装着できる付属品があれば便利だ。

第一精工 シャフトホルダーMG5000

マグネットで着脱できるシャフトホルダー、静止状態で5.0kgまで保持が可能なマグネットで必要な時にサッと外して使える優れものだ。

一番重たいオートキングギャフ630でも745gだから、ギャフ程度ならマグネットの力で十分に保持できる。

また移動時にはセーフティバックルでロックすれば歩いたり飛んだりしても落ちることはない。

万が一ランディング中に落水しても回収できるセーフティロープもついている。

参考価格:2,329円(税込)

PROX タモホルダーV3 アジャスタブル

ベルトやDカンにぶら下げるためのハンガー。

29.9mmから35.3mmまでの径に対応している。

好きな位置、角度で取り付けが可能なため、自分のスタイルに合わせて調整ができる。

参考価格:3,055円(税込)

まとめ

ギャフの選び方をまとめると

  1. 釣り場の高さに合わせてギャフを選ぶ
  2. なるべく仕舞寸法が短いギャフを選ぶ
  3. シャフトの伸び縮みがスムーズなギャフを選ぶ

この3点を重視して選べば間違いがない。

春のデカアオリ、秋の中盤戦以降はギャフは必需品になる。

アオリイカを逃がしたりロッドを折って後悔する前に、ギャフは必ず携帯してエギングにでかけよう。

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる