「外仕事の水分補給は水筒だけじゃ足りない!」たっぷり入るウォータージャグがおすすめ

真夏の外仕事では1時間に1回、いや、30分に1回のペースで水分補給をしないといけないほど喉が渇くし、喉が渇いていなくても水分補給は必須です。

2リットルぐらいの大き目の水筒を持ってきているけど「足らなくなったら困るからチョビチョビ飲んでる」なんてことありませんか?

ぼち楽

昼には空っぽじゃん!しかたがない、自販機でお茶でも買おう

丸一日、外で体を動かす仕事では、2リットルぐらいの水筒では間違いなく足りません。

そこで、、遠慮なく飲める4リットル以上のウォータージャグがおすすめなんです。

今回はウォータージャグについてお話します。

目次

外仕事では2リットルの水筒じゃ足りない

単純に考えて、2リットルの水筒に入ったお茶を30分おきにコップ1杯(200cc)飲めば、昼の1時頃には空っぽになる計算です。

午後からのほうが暑くなるのに、水筒は空っぽ、自動販売機で毎回のようにお茶やスポーツ飲料を買っていては、お財布も空っぽになってしまいます。

しかも自動販売機が近くにない場合は地獄を見ます。

単純に計算しても2リットルでは足りない

外仕事には4リットル以上のウォータージャグがおすすめ

出典:ナチュラムPayPayモール店

なぜ4リットル以上なの?

先ほどお話したとおり、2リットルでは昼ぐらいには空っぽになります。

なので30分に1回、コップ1杯(200CC)のお茶を夕方まで飲もうと思ったら、4リットル以上は必要になるのです。

ウォータージャグのデメリット

まず、ウォータージャグのデメリットをお話します。

水筒やペットボトルに比べてはるかに大きい

当然と言えば当然なんですが、大きいです。

軽トラックで2人乗っての移動とかの場合には、荷台に乗せる必要があります。

飲み物を4リットル以上も入れると重たい

これも当然と言えば当然ですね。

徒歩での移動がある場合はけっこう辛いです。

大量の氷が必要になる

水筒のだと冷凍庫の氷で十分間に合いますが、ウォータージャグだと氷が大量に必要です。

私は数個のタッパーに水を入れて、冷凍庫で凍らせて使用しています。

冷凍庫を占領するので、奥さんに文句を言われますが仕方ありません。

ウォータージャグのメリット

遠慮なくたくさん飲める

一番のメリットは「遠慮なくたくさん飲める」ことですね。

炎天下の中で仕事をしていると、500ccぐらいはあっという間に飲んでしまいます。

4リットル以上の飲み物があれば、そうそうなくなることもありませんし、仲間に分けてあげることもできます。

キャンプなどのアウトドアでも便利

キャンプなどで水場が遠いときに便利なのがウォータージャグです。

料理を作るときやちょっと手を洗いたいときなど、わざわざ水道まで行かなくてもその場で水を使用することができます。

災害時の水の容器に使える

地震などで断水した場合には給水車が派遣されてきます。

しかし水を入れる容器を持っていない場合はどうすることもできません。

万が一のときのために、ウォータージャグがあると安心です。

ウォータージャグにはやっぱり麦茶

水分補給ならただの水でもいいのですが、ちょっと味気ないですよね。

水出し麦茶で準備が簡単

夏と言えばやっぱり麦茶です。

朝起きた時にウォータージャグに氷と水を入れ、市販の水出し用麦茶のティーパックを入れておけば、現場に到着する頃には冷えた麦茶のできあがりです。

市販のティーパックの場合、1リットルの水に1パックが標準ですが、何時間もティーパックを入れておくと濃くなってしまい飲みにくくなります。私は2リットルの水に1パックを入れてちょっと薄めの麦茶にしています。

<水出し麦茶はまとめ買いがお得です。90リットル分でも税込1,725円>

ペットボトルの水を凍らせて持っておけば安心

「ウォータージャグだけでは不安」という方は、2リットルのペットボトルに水を入れて凍らせておけば、予備の水として使うことができます。

お昼ごろに「ウォータージャグのお茶が少なくなってきたな~」って思ったら、ペットボトルの水を注いでください。

またクーラーボックスに入れておくことで、保冷剤の役割も果たし、弁当も守ってくれます。

<夏のお弁当を守るクーラーボックスのお話はこちら>

おすすめウォータージャグ3選

スタンレー ウォータージャグ 3.8リットル

老舗スタンレーのウォータージャグです。

3.8リットルサイズでコンパクトかつ保冷力バツグン、いろいろなところに使いやすい工夫がしてあります。

<税込7,700円>

ピーコック魔法瓶 ステンレスキーパー 6.1リットル

安心の国内産。

内部はステンレス構造で抗菌加工がしてあり、夏場でも衛生的に使えます。

保冷はもちろん保温にも対応。たっぷり入る6.1リットル

<税込3,750円>

キャプテンスタッグ リガード ウォータージャグクーラー 13リットル

アウトドアメーカーのキャプテンスタッグが発売しているウォータージャグです。

なんとクーラーボックスにもなる優れもの!

しかもスイカがまるごと冷やせます。

保冷専用で大容量の13リットル。

<税込4,859円>

まとめ

汗をかく季節、ちゃんと水分補給をしないと熱中症のリスクが高まります。

ウォータージャグで冷えたおいしい麦茶をゴクゴク飲んで、暑い夏を無事に乗り切りましょうね!

それと塩分補給も忘れずに!

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる