コスパ抜群!セフィアTTなら83MLが面白い「飛距離も感度も予想以上」

エギングは、決して高いロッドが釣れる訳じゃなく、ハッキリ言って、どんなエギングロッドでも釣れる!

初心者だから安いロッドだとか、上級者だから高いロッドだとかは、一切関係がない。

私は、エギング歴9年ですが、この9年間使ってきたエギングロッドは、ダイワの一番安いエメラルダスです。

今回は、2020年にシマノから発売された、セフィアTTのS83MLを買ったので、エメラルダスS89MHと比べながらご紹介します。

目次

セフィアTTって?

出典:シマノ

シマノのエギングロッド「セフィアシリーズ」には、次の6種類のモデルがあります。

  1. リミテッド
  2. エクスチューン
  3. CI4+
  4. SS
  5. TT
  6. BB

リミテッドは最高位、BBは初心者向けのエントリーモデルです。

今回ご紹介する「TT」は、下から2番目。

エントリーモデルのBBより、ちょっとだけ性能がアップしたモデルです。

セフィアTTは

エギングでもっとも重要なテクニック「ジャーク」を、軽快かつオートマチック感覚で操れる性能を重視した、ハイパフォーマンスロッド「セフィアTT」。ロッド全身がしなやかに曲がるように設計し、手首を軽く動かすだけでロッドが大きくしなり、簡単にジャークをすることが可能に。また、ジャークやキャストのタイミングを掴みやすく、オートマチック感覚の性能を実現。

引用元:http://fishing.shimano.co.jp/

シマノ公式ホームページはこちら

簡単に説明すれば、「セフィアTTは、エギングに必要なテクニックを、ロッドが勝手にサポートしてくれて、初心者でも扱いやすく、しかも安いよ!」ってことです。

S83MLを選んだ理由は?

セフィアTTのラインナップは

  • S83L
  • S86L
  • S83ML←買ったロッド
  • S86ML
  • S83M
  • S86M
  • S89M
  • S86MH
こう

ラインナップがありすぎて、迷いますね。

私がS83MLを選んだ理由は、「今持ってる89MHが長くて硬いから」「86Mだと普通すぎるから」、なので短くて柔らかく、秋の新子から春の親イカまで、オールラウンドで使えることを想定したから。

※硬くて長いロッドは、「腱鞘炎になるんじゃねーか!」って思うほど、マジ疲れます。

ちなみに、セフィアTTのスペック表はこちら

出典:シマノ

セフィアTTS83MLって実際どうなの?

こう

結論から言うと、買って良かった!

圧倒的な飛距離

実際に使ってみた感想は、柔らかくて飛ばないんじゃないかと思っていましたが、3号のエギなら、エメラルダスのS89MHより、軽く5mは飛びます。ビックリです。

柔らかいけど張りがある感じで、エギの重さをロッドに乗せやすいイメージです。

セフィアTTのS83MLの適合エギサイズは、1.8~3.8号ですので秋も春も十分対応できます。

3.5号までしか投げない人にはMHは不要ですね。

圧倒的な感度

まあ、今まで使ってたロッドがMHだったということもあり、感度に関しては、そんなに感じたことはなかったのですが、このMLにしてから、潮に引っ張られる感じや、わずかな当たりまで感じられるようになりました。

「海と会話できる」感動ものです。

短くて軽いから疲れない

写真じゃわかりにくいかもですが、上がセフィアTTS83ML、下がエメラルダスS89MHです。

実物を比べると、太さが全然違いますので、当然軽さも違います。

しかも、全体の長さが16cmも違うので、シャクリやすさが驚くほど変わりますね。

また、竿尻の長さも3cmほど短いので、服やライフジャケットに引っかかることがなくなりました。

ちなみに、セフィアTTに装着しているリールはこちら

まとめ

1シーズン使ってみましたが、今のところ悪いところは見当たりません。

初心者は86Mがセオリーですが、あえて83MLを選ぶのもありですね。

柔らかくて張りがあり、実用性も十分、しかもコスパ抜群!

実際、プロでもない限り、ロッドで釣果が変わるなんてことはありませんので、高いロッドよりセフィアTTをおすすめします。

面白いエギングが楽しめます!

海釣り動画はこちら

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる