「停電時に大活躍!」石油ストーブの選び方とおすすめ6選

こんにちは、防災士の「こう」です。

普段使いからアウトドア、災害時の備えなど様々な場面で活躍する「石油ストーブ」ですが、タイプや大きさなど「どんな石油ストーブを選んだら良いのだろう」と思いますよね。

今回この記事では、石油ストーブの選び方と私が選んだおすすめの石油ストーブ6選をご紹介します。

目次

タイプで選ぶ石油ストーブ

石油ストーブは大きく分けて2種類のタイプがあります。

  • 反射式タイプ
  • 対流式タイプ

反射式タイプの特徴

反射式タイプ

反射式は、背面に設置された反射板に熱を反射させ、ストーブの前方を効率よく暖めることができます。

出典:http://www.toyotomi.jp/

<特徴>

  • 壁際に置ける
  • コンパクト
  • 燃料タンクが取り外せる
  • 6~9畳の部屋に最適
  • 鍋やヤカンが2つぐらい置ける

対流式タイプの特徴

対流式タイプ

対流式は、温めた空気が上昇する力を対流させて、周囲360°を効率よく暖めることができます。

出典:http://www.toyotomi.jp/

<特徴>

  • 360°暖めることができる
  • ちょっと大きめ
  • 燃料タンクは一体型
  • 10畳以上の部屋におすすめ
  • デザインが豊富
  • アウトドアにも最適

石油ストーブの選び方

簡単な選び方は、部屋の広さによって選ぶと良いでしょう。

  • 部屋の広さが9畳以下の場合は「反射式タイプ」
  • 部屋の広さが10畳以上の場合は「対流式タイプ」

アウトドアやキャンプに使う場合は、対流式タイプの「ポータブルタイプ」もあります。

通常の対流式に比べると、暖房能力が劣るもののコンパクトで持ち運びに便利です。

部屋でも使えるので、部屋とアウントドア両方で使いたい場合は、ポータブルタイプが便利です。

灯油の消費量は、反射式も対流式も変わりません。

石油ストーブは、一般の石油ファンヒーターと比べて灯油の消費量は少ないので、灯油の節約にもなりますし、電気代もかかりません。

点火方法は、乾電池を使った「電子点火式」が一般的です。

電池が切れた場合でも、マッチやライターで簡単に点火できます。

おすすめ石油ストーブ6選

反射式タイプ3選と対流式3選の計6選をご紹介します。

反射式タイプおすすめ3選

トヨトミ RC-W360 木造10畳、コンクリート13畳

トヨトミ RC-W360

 反射式の大型モデル

  • 暖房出力:2.16kW~3.60kW
  • 適応畳数:木造10畳 コンクリート13畳
  • タンク容量:4.0リットル
  • 重量:10.0kg
  • 電池:単2型4本(別売)
  • 価格:19,500円~32,560円(税込)

トヨトミ RS-FH290 木造8畳、コンクリート10畳

トヨトミ RS-FH290 限定モデル

 コンパクトなのにハイパワー

  • 暖房出力:2.44kW~2.87kW
  • 適応畳数:木造8畳 コンクリート10畳
  • タンク容量:3.6リットル
  • 重量:7.5kg
  • 電池:単2型4本(別売)
  • 価格:35,800円~62,690円(税込)

トヨトミ RS-GE23 木造6畳、コンクリート8畳

トヨトミ RS-GE23 限定モデル

 Gearシリーズの反射式タイプ

  • 暖房出力:1.91kW~2.25kW
  • 適応畳数:木造6畳 コンクリート8畳
  • タンク容量:3.6リットル
  • 重量:6.6kg
  • 電池:単2型4本
  • 価格:29,800円~45,300円(税込)

対流式タイプおすすめ3選

トヨトミ KR-47A 木造12畳、コンクリート17畳

トヨトミ KR-47A 限定モデル

 レトロなデザインで広いスペースも暖かく

  • 暖房出力:3.76kW~4.70kW
  • 適応畳数:木造12畳 コンクリート17畳
  • タンク容量:7.0リットル
  • 重量:12.0kg
  • 電池:単1型2本
  • 価格:36,700円~82,840円(税込)

トヨトミ RL-F2500 木造7畳、コンクリート9畳

トヨトミ RL-F2500 限定モデル

 アウトドアもよく似合うランタン調ストーブ

  • 暖房出力:1.25kW~2.50kW
  • 適応畳数:木造7畳 コンクリート9畳
  • タンク容量:4.9リットル
  • 重量:6.2kg
  • 電池:単2型4本
  • 価格:39,800円~96,900円(税込)

トヨトミ ML-250 木造7畳、コンクリート9畳

トヨトミ ML-250 限定モデル

 月明りのようなやさしい明かり

  • 暖房出力:1.25kW~2.50kW
  • 適応畳数:木造7畳 コンクリート9畳
  • タンク容量:4.9リットル
  • 重量:6.2kg
  • 電池:単2型4本
  • 価格:26,700円~43,485円(税込)

まとめ

今回は電気が必要なく、普段使いから災害時、アウトドアでも使える「石油ストーブ」をご紹介しました。

網をのせてモチを焼いたり、焼き芋を作ったり、シチューをコトコト煮込んだりと、冬の楽しみが増えるはず!

また、いざという時のために、ぜび石油ストーブを購入しておいてください。

きっとあなたの役に立つはずです。

<災害時に石油ストーブが役に立つ理由>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる