「冬の防災に石油ストーブ」もしもの時に備えを!停電時でも料理も作れる暖房器具

こんにちは、防災士の「こう」です。

皆さんのご家庭では、冬の暖房器具って何を使っていますか?

多くのご家庭では、エアコンか石油ファンヒーター、コタツではないでしょうか。

ぼち楽

冬に停電になったらどうしますか?

普段は便利な電化製品ですが、停電になってしまったら当然使えません。

そこで停電でも使える暖房器具が「石油ストーブ」なのです。

昔はどこの家庭にもあった石油ストーブですが、今は使っているご家庭は少ないのではないでしょうか。

今回はこの「石油ストーブ」に焦点を当てて、冬の防災について考えてみたいと思います。

目次

どこでも使える石油ストーブ

大震災では品切れになった石油ストーブ

実際に大震災があった地域では、石油ストーブがホームセンターなどで品切れになったそうです。

大震災などの災害で停電になれば、暖房も使えない、料理も作れない、何もできない状態になってしまいます。

この停電が数時間ならなんとか我慢ができるでしょう。

しかし大震災などで、何日も停電が続く中ではとても我慢することができません。

石油ストーブなら電気が必要ないため、どこに持って行っても使えます。

石油ストーブならアウトドアでも使える

もちろん普段、家の中で使っても良し、キャンプなどに持って行っても使えます。

今、キャンプがブームですよね。

秋の終わり頃~春の始め頃まで、屋外で楽しむキャンプはちょっと寒いことも。

こういった時、石油ストーブを持っていけば簡単に暖を取ることができます。

石油ストーブは防災だけではなく、普段使いやアウトドアにも使えますので大変便利です。

1台何役にもなる石油ストーブ

石油ストーブは暖を取るだけではなく日常から防災、アウトドアに至るまで役に立つ色々な機能があります。

例えばエアコンや石油ファンヒーターではできない

  • お湯が沸かせる
  • 料理が作れる
  • 明かりになる

これらのことが石油ストーブにはできるのです。

停電時には、全ての家電が使えなくなるのですが、石油ストーブ1台あれば「暖を取る、料理を作る、明かりになる」この3つのことができ、その場をしのぐことができます。

石油ストーブのデメリット

石油ストーブには灯油が必要

石油ストーブの最大のデメリットは、「灯油」が必要になること。

いざという時に灯油がなければ役にたちません。

普段から備蓄が必要になってきます。

ここが最大のデメリットになります。

デメリット解消法

日常で石油ストーブを使う機会を作っておけば、灯油の備蓄のデメリットが解消されます。

例えば、キッチンで石油ストーブを使う、脱衣所で石油ストーブを使うなどすれば、普段寒い場所も暖かく快適になりますし、灯油の消費も抑えられ備蓄にもなります。

ヤケドや火災に注意

石油以外にも、注意する点がいくつかあります。

  • 石油ストーブでの火傷
  • ヤカンがひっくり返って火傷
  • 火災 など

お子さんがおられるご家庭では、特に石油ストーブによる火傷などに十分注意が必要です。

接触による火傷に関しては、石油ストーブに囲いをすれば防げます。

また、火災に関しては、燃えやすい物の近くで使用しない、洗濯物を干さないといった注意が必要になります。

まとめ

停電でも使える石油ストーブは、災害時の備えだけではなく、網をのせてモチを焼いたり、焼き芋を作ったり、シチューをコトコト煮込んだりと、普段から生活の役に立つこと間違いなしですね。

この機会にぜひ「石油ストーブ」の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

きっとあなたの役に立つと思います。

<石油ストーブの選び方とおすすめ石油ストーブはこちらの記事へどうぞ>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる