初心者にも簡単!エギングタックルの簡単メンテナンス!シーズンオフは大切に保管!

エギングタックルのメンテナンスって

「どうしたらいいんだろう?」「リールなんか特に難しそうだな?」

って考える、初心者の方って多いと思います。

しかし、そんなに難しく考えるほどじゃありません。

安心してください、本当にちょー簡単です。

今回は初心者にも簡単に、エギングタックルの寿命が格段に延ばせる、メンテナンス方法をご紹介します。

目次

準備するもの

  • リール用グリス・オイル
  • シリコンスプレー
  • ウエス(布)
  • 新聞紙

リール用グリス・オイル

 「シマノ」や「ダイワ」から発売されているリール用メンテナンススプレー(グリスとオイル)のセットが最適です。ホームセンターなどで売っている潤滑スプレーはおすすめしません。やはりここはリール専用のメンテナンススプレーを購入しましょう

ダイワ リールガードスプレーセット

シリコンスプレー

 シリコンスプレーはエギングロッドやリールの表面をツルツルピカピカにするためのコーティングスプレーです。これはホームセンターに売っているもので構いません。

 シリコンスプレーは金属はもちろん、ゴム、プラスチック、木、紙など様々な素材に使用することができ、滑りをよくしたり、ツヤ出しや防水にも効果があります。

KURE CRCシリコンスプレー

ウエス(布)

 ウエスはTシャツなどの目の細かい布を準備しましょう。タオルや雑巾は糸くずがリールの内部に入る恐れがあります。

新聞紙

 床が汚れないために下に敷く用です。シリコンスプレーが床に付くとめっちゃ滑ります。

まずは水洗い

リールはロッドに付けたままでOKです。

水洗いする前に、リールのドラグノブを締めてください。

ロッドは指の腹で軽く撫でる感じで洗い、リールはシャワーを上からかけて流すだけでOKです。

シャワーの水を上から優しく掛けるだけでOK

リールの洗い方に注意!

 リールは洗剤をつけて洗わないでください。必要以上にオイル・グリスが洗い流されてしまいます。また、シャワーをリールの下からかけたり、バケツや洗面器につけて洗わないでください。リール内部に水が入る恐れがあります。

陰干し

水洗いが済んだらリール・ロッドを軽く振り水気を飛ばします。

その後、乾いたウエスで水気を拭き取り、安定した状態で半日ほど陰干しをします。

乾くまで陰干し

リールに注油

リールの回転部にグリス・グリスを注油します。

注油は、ひと吹き「シュッ」ぐらいでOKです。

はみ出たグリス・オイルはウエスで拭き取ります。

オイルとグリスを使い分けてね

見えにくいですが、下の写真の箇所にグリス・オイルを使い分けて注油してください。

メンテナンススプレーの取扱説明書

シリコンスプレーで仕上げ

ロッド全体にシリコンスプレーを吹きかけ、ウエスで拭き上げます。

リールは、ウエスにシリコンスプレーを染みこませて拭きます。

シリコンスプレーは、クーラーボックスやギャフ、プライヤーなどにも使用できます。

水洗いの後にシリコンスプレーを吹きかけ、ピカピカに仕上げましょう。

海釣り動画はこちら

まとめ

こんな簡単なメンテナンスでも、やるとやらないとじゃエギングタックルの寿命が大きく変わってきますし、愛着も湧いてきますよね!

シーズンオフに入る前、シーズン前にはエギングタックルのお手入れをしてみてください。

あと、リールは湿気を嫌います。

シーズンオフの保管中でも天気のいい日は外で乾燥させてあげてくださいね!

それともう一つ。

リールは分解しないでくださいね!内部のメンテナンスやカスタムはプロにお願いしましょう!

それでは良いエギングライフをお過ごし下さい!

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる