かっこいい「ナタ」と言ったらベアボーンズ!アウトドアに最高の1本を

焚火や薪ストーブを楽しむ方の必須のアイテム「ナタ」

だけど、ホームセンターに売っているナタは、値段の割にはどれも「普通のナタ」ですよね。

まあ、ナタの機能を果たせればそれでいいかもしれませんが、せっかく焚火や薪ストーブを楽しむなら雰囲気にマッチした「かっこいいナタ」が欲しくなります。

・・・。

「買っちゃいましたよ!かっこいいナタ!」

ベアボーンズ ジャパニーズ ナタハチェット

その名も「ジャパニーズ ナタハチェット」

これはもう「ただの道具」ではなく「焚火の相棒」ですね。

<ベアボーンズ ナタハチェット 参考価格:9,680円(税込)>

目次

「ナタをかっこよく作る」この発想が好き

今回購入した「ジャパニーズ ナタハチェット」は、アメリカの「Barebones Living(ベアボーンズ リビング)」というアウトドアブランド。

日本のものづくり文化も素晴らしいと思うけど、一般向け、大衆向けの色合いが濃くて、道具としての機能は十分にあるけど「手にする喜び」がない。

普通のナタ

このベアボーンズは「本当に自身が使いたい」とこだわりを持った発想で製品開発をしているので、どのアウトドアグッズも道具の域を超えて「いちいちかっこいい」のだ。

大きめのスタイル

ナタハチェットは大きめのスタイル

ジャパニーズ ナタハチェットは、普通のナタと比べて少し大きめのスタイル。

大まかなスペックは

ジャパニーズ ナタハチェット

全長:約40cm

ブレード/柄:約20cm/約20cm

ブレード厚:5mm

刃渡り:約18cm

普通のナタ

全長:約35cm

ブレード/柄:約17.5cm/17.5cm

ブレード厚:5mm

刃渡り:16.5cm

柄までこだわったデザイン

柄までちゃんとこだわっている

普通のナタみたいに「ただ柄をつけただけ」ではない。

太さやフォルムまでこだわった、かっこいいデザインだ。柄の端部にはナタ本体をぶら下げるための紐通し穴があるので、ちょっと引っかけておくのに便利。

フルタング構造で丈夫

ビシッと通ったフルタング構造

フルタング構造とは、ブレードを構成する金属の板が柄尻までつながっている形状のこと。

ホームセンターなどで売っている普通のナタは、柄に差し込む構造となっているため、柄の交換は比較的容易にできるがあなり丈夫とは言えない。

ナタはアウトドアで使うものだから、丈夫さは命なのだ。

普通のナタは柄に差し込んであるだけ

ジャパニーズ ナタハチェットは正真正銘のフルタング構造。このフルタング構造、次の章でご紹介する「ナタの使い方」で重要な役目を果たす。

「いろいろできる」ナタの使い方

ここでは、ナタの可能性を見ていこう。

叩いて薪を割る「バトニング」

バトニングにはそれなりの強度が必要

焚火や薪ストーブに着火するときに、いきなり太い薪に火をつけることは困難。

なので、薪を「細薪」「中薪」「太薪」の3種類ぐらいに分ける必要があります。直径5センチぐらいの太薪はホームセンターに売っていますが、これを「中薪」「細薪」に割っていく技術がバトニングです。

ここで重要なのが「ナタの強度」です。

先ほどフルタング構造のお話をしましたが、フルタング構造の丈夫さがバトニングに役立ちます。

バトニングは、ナタの背中を太め(重い)薪で叩いて割っていきます。

普通のナタのように、柄に差し込んでいるだけの構造のナタは、そのうち衝撃で壊れてしまいますので、バトニングには不向きです。

※ぼくは家にあった普通のナタでガンガンバトニングをして壊しました。

ジャパニーズ ナタハチェットは、普通のナタやバトニング用のナイフよりブレードが長いのでバトニングがしやすいですね。

ナタでもできる「フェザースティック」

フェザースティックもかんたん

フェザースティック作りも焚火や薪ストーブには欠かせない技術ですよね。

ナイフで作る方が多いと思いますが、ぼくはナタのほうが作りやすい気がします。なぜなら、重さがあるからです。

フェザースティックを作るのって、けっこう力がいるんですよね。

ジャパニーズ ナタハチェットはナイフと比べて重量があるから、その分ナタの重さが手助けをしてくれます。

枝打ち、草刈り

ナタの本来の用途は、山での枝打ちです。

木の余分な枝を払ったり、藪の中を歩くために道を開いたりするために使われていました。

ナタは片手で扱えるので、重たいオノよりも携帯性に優れていて、軽いナイフよりも楽に枝打ちができます。

それと、ちょっとした草刈りもできちゃいますよね。

なんならちょっとした料理もできる

キャンプやBBQのとき「あーっ!包丁忘れたーっ!」ってときでもナタがあれば大丈夫。

少し重たいけど、十分包丁として使えます。

普通の包丁では刃の立たない大きな魚、骨の硬い魚とかでもナタなら一発切断ですね。

う~ん!豪快に繊細に、刺身なんかもできそう。ナタで刺身なんて「かっこいい」っす。

まとめ

かっこいいケース付き

アウトドアライフには欠かせない刃物。

ナタはオノとナイフの中間みたいな感じがして「なんだか中途半端」と思っている方も多いことでしょう。

しかし、ナタはオノとナイフの良いとこ取りなんです。

最初の一本を持つなら、オノでもナイフでもなく、ナタで決まりですね。

今回ご紹介した「ナタ」はこちら!

<ベアボーンズ ジャパニーズ ナタハチェット 参考価格:9,680円(税込)>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次