カメラバッグ?PCも入る?毎日持ち歩きたい「シューターズトートバッグ」

「こんなカメラバッグを探していた」

最近、ミラーレス一眼を趣味にもったぼくは「持ち歩くならカメラ用のバッグがあったほうがいいかな」と思うようになった。

ネットで検索しても「いかにもカメラバッグ」と主張するデザインが多い。確かにカメラを入れるだけなら普通のカメラバッグでもいい。

だけど、ぼくはこだわる。

普通のカメラバッグでは物足りない。どうせならパソコンも収納できるバッグがいい。どうせならスマホや財布も収納できるバッグがいい。どうせなら普段使いでもビジネスシーンでも使えるバッグがいい。でも大きすぎるバッグはいらない。

「そんなぼくのこだわりを満たしてくれるバッグなんてあるのか?」と思い始めた矢先に、この「シューターズトート」に出会った。

決して安くはない。逆にぼくにとっては高いと感じる価格。しかしぼくは、この「シューターズトート」を選んだのだ。

そこで今回この記事では、ぼくのこだわりを満たしてくれたULYSSES(ユリシーズ)のシューターズトートの魅力をお話したいと思う。

目次

シューターズトートは「ただの袋」ではない

ここまで整理できるトートは他にはない

「トートバッグはただの袋」というぼくの概念を完全にくつがえしたシューターズトート。

ネットを検索していても、カメラバッグという謳い文句のトートはたくさんあるが、ただの袋だ。どんなに高いものでも、ただ単に「カメラが入る」だけの袋にすぎない。

しかも、カメラを収納するためにはさらにインナーケース、インナーバッグなどを個別で買わなくてはいけない。

バッグの中にケースやバッグを入れるなんて効率が悪いし取り出しにくい。これではカメラバッグの機能を潰してしまっている。

インナーケースも含めた設計「だからピッタリ」

出典:ULYSSES

シューターズトートは、インナーケースも含めてひとつのバッグとして設計してあるので、サイズもデザインもピッタリ。

このインナーケースがあることで、トートバッグの収納力を最大限に活かすことができるし、小物の整理整頓もできる。しかも、2つ上の写真のように、財布などを縦にして収納できるから取り出しやすい。

インナーケースの仕切りボックスは左右に動かせるので、その人その人に合ったレイアウトが可能となる。

ただの袋では物が行方不明になりやすい。決まった場所へ収納することで探すストレスもなくなる。

もちろんインナーケースを外して使用することも可能だから、買い物や普段の仕事にも使える。

このインナーケース、相当しっかりした作りでカメラ本体やレンズの保護はもちろん、トートバッグ自体の中骨となりしっかりとバッグの形を保ち「フニャ」っと倒れることを防いでくれる。

ジップを閉めても使える「これすごいアイデア」

こんなトートは見たことがない

内ポケットが付いているトートバッグは当たり前にある。しかし、ジップを閉めると「サッ」と取り出すことはできない。

シューターズトートはすごいアイデア商品だと思う。

見られたくないもの、とっさの雨に濡らしたくないものはジップの中のメイン気室へ。スマホや車のキーなど、頻繁に出し入れするものはジップの外のサブ気室へ。

これで家のカギどこにやったっけ?ってことがなくなり、スムーズに取り出すことができる。

しかもこのサブ気室、メイン気室の両側にある。

もう片方のサブ気室はジップ付き

この両側のサブ気室、内ポケット的な役割だけではない。A4サイズぐらいの資料や雑誌がスッポリと収まる収納力がある。

旅行に出かけたときの旅行雑誌や観光マップ、ビジネスでの自社製品のパンフレットなど、もたつくことなくサッと取り出すことが可能だ。

ここまで見てもらったらシューターズトートが「ただの袋」ではないことが分かって頂けたと思う。

さらに14インチPCが収まる空間

ジップの中のメイン気室がインナーケースでいっぱいいっぱいだと思ったら大間違い。

ぼくがこのシューターズトートを購入する決め手となったのが、「14インチのパソコン」が収納できることだった。

ネットで検索すると、小型のトートバッグは13インチまでしか収納できないものが多い。つぎは15インチまで、そのつぎは16インチまでの大型のトートバッグになってしまう。

ぼくが14インチにこだわるのは、このシューターズトートに出会う前に「14インチのパソコン」を注文したから。

15インチのパソコンが収納できるトートでも事足りるが、最初にも書いた通り、必要以上に大きいバッグはいらない。

ぼくはピッタリにこだわったのだ。

ツールを収納するだけのバッグではない「このバッグは相棒である」

細部まで丁寧に仕上げられている

バッグとはツールを入れて運ぶための入れ物にすぎない。と思っていた。

しかし、こだわって作られたシューターズトートは、バッグの域を超えている。もはやこのシューターズトートは人生を共にする「相棒」と言っても過言ではないだろう。

万人受けするモノづくりではなく、こだわりのある人のために、こだわりのある人が創り出したからこそ、心を震わせる存在であり、愛着を持って「毎日を一緒に歩きたい」と思えるのだろうと、ひとつのシューターズトートが考えさせてくれた。

だからぼくは、ULYSSESのシューターズトートを相棒として迎え入れたのだ。

ULYSSESの公式ホームページ

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次