エギングの服装は作業服がおすすめ!「動きやすく汚れても平気」

エギングに出かけるとき「何を着ようかな?」なんて迷う方も多いのではないでしょうか。

シマノやダイワのジャケットやパンツは確かにカッコイイけど、高いから墨で汚れるのはイヤですよね。

こう

そこでおすすめなのが作業服です

釣り専用の服より安価だし、なんせ「汚れるための服」ですからエギングにはもってこいです。

しかも最近の作業服はスリムでオシャレで動きやすい。

そこで今回この記事では、エギングに着て行きたくなる作業服の魅力についてお話します。

目次

エギングは汚れるリスクが高い

釣りはそれなりに汚れるものだけど、さらにエギングは「イカの墨」で汚れます。

エギング経験者なら分かると思いますが、釣れたアオリイカを取り込む際に墨をぶっかけられることも。

ですからエギングは他の釣りより「汚れるリスク」が高いのです。

作業服はエギングにもってこいのウェア

出典:ワークマンオンラインストア

「釣り用のウェア」はどんなものでも上下セットで2万円弱はします。

はっきり言って釣りに着るにはもったいない。

イカ墨で汚れたり、ザラザラのコンクリートで擦れて破れたりと、エギングは想像以上にハードフィッシングです。

その点、作業服なら汚れも擦れも気になりません。

なぜなら建設現場などの厳しい作業環境でも耐えうる耐久性を持ち、動きやすさも十分に考えられて作られているからです。

作業服は汚れても気にならない

作業服はもともと汚れるためのもの。

なのでどんなに汚れても気になりません。

これが高い釣り用のウェアだと、汚れを気にしながらエギングをしなくちゃならないし、カジュアルなので汚れていたらカッコ悪く感じるため、コンビニに入るにも気が引けてしまいます。

作業服なら「汚れていても当たり前」、自分も他の人も気にはしないのです。

作業服はとにかく丈夫

作業服はハードワークを想定しているため、擦れや引っかかりに対してとにかく丈夫です。

私もエギング兼DIY用の作業服を10年前に購入しましたが、未だに現役です。

エギングではコンクリートの上や磯に腰を掛けることがあったり、テトラをよじ登ったりしますが、ちょっとやそっとでは破れないほど丈夫です。

また繰り返し洗濯をしても全然平気。

作業服は伸縮性バツグンで動きやすい

最近の作業服は3D立体カットで体の動きに合わせて作られています。

しかも伸縮素材が使われており、立ったり座ったりはもちろん、エギング特有のシャクリやすさも申し分ありません。

さらに最近の作業服はスリム形状なので見た目もスマートで、シャクル動作の邪魔をせずおしゃれを気にするエギンガーにももってこいのウェアです。

エギング用の作業服を買うならワークマンがおすすめ

アウトドアウェアもバイクウェアもワークマンが人気ですよね。

エギング用のウェアも例外ではありません。

オシャレでカッコイイ作業服、レインウェアの品揃えが豊富なので、きっとお気に入りの一品が見つかるはず。

ここでおすすめの作業服をご紹介します。

※リンクをクリックするとワークマンオンラインストアに移動します。

「カバンを履く」そんなイメージのクライミングパンツで、左右両側にはペットボトル2~3本がスッポリ収まる大容量ポケットやファスナー付きポケット、メッシュポケットなど合計10個のポケットを搭載。

エギポーチもスッポリ収まる大容量ポケット

生地は綿でありながらエギングには嬉しい撥水性能があって、万が一イカ墨がかかっても汚れが落ちやすくなっています。

またスリム形状でスタイリッシュ、立ったり座ったりも楽なストレッチ機能も◎。

スマホがスッポリと収まる大容量ポケットがあり、しかもファスナー付きなので不意の動作でスマホがスルッと落ちる心配がありません。

細見のシルエットでもストレッチ性能がよく効き、エギングの動作を邪魔することなく快適に楽しめます。

<ワークマンのウェアは店舗かオンラインストアでしか買えません>

まとめ

快適なエギングにはウェアは大切ですが、高い釣り用のウェアは必要ありません。

いま人気のワークマンなら、安価でオシャレで機能性バツグンのウエアが手に入ります。

エギングには「やっぱり作業服」ですね。

<エギングは足元も固めましょう!>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる