プロボックスに置くだけで簡単に小物入れをプラス「アームレスト付コンソールボックス」

働く人の車「プロボックス」

オープンな収納スペースは充実しているけど、ごちゃごちゃ見えるのが嫌な方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、高級車などでは標準装備と言っても過言ではない、アームレスト付コンソールボックスをプロボックスに取り付けてみました。

取り付けと言っても組み立てて置くだけの、簡単なアームレスト付コンソールボックスをご紹介します。

目次

購入したアームレスト付コンソールボックス

今回購入したアームレスト付コンソールボックスは、SuperPDR DIYの「アームレスト収納ボックス 2ドアデザイン」です。

<詳しくはこちらをご覧ください>

どんな車種にも合う調整機能付き

写真のように、前後の調整はもちろん、運転席と助手席の幅に合わせベースの調整ができます。

作りの雑さは否めない

たぶん外国産なのでしょう。

目に見える部分はそれなりの仕上りですが、目に付かない部分はちょっと雑な感じの作りです。

ですが、プロボックス専用設計の国内産と価格を比べれば、3割~5割ほど安いので仕方がないところですね。

プロボックスに取り付けてみた

取り付けは置くだけ簡単

アームレスト付コンソールボックスを取付ける前は、センタートレイの状態。

取り付けと言ってもただ置くだけです。

センタートレイをまたぐ感じで、シートの隙間にベースを差し込むだけで取り付け完了。

置くだけなので、固定されていないから多少のガタつきがありますが、肘を乗せるだけなので問題ありません。

キツキツですがシートの前後の移動も問題なくできます。

小物入れに最適

フタは真ん中から両サイドに向けて開きます。

メガネやタバコ、窓ふきタオルなどの入れておくのに丁度いい広さです。

プロボックスの収納スペースはオープンなので、財布などの貴重品を入れておくのはちょっと不安。シフトレバー前にある唯一の鍵付きボックスには長財布が入りません。

アームレスト付コンソールボックスなら、下の写真のように長財布がすっぽり収まります。

まとめ

長距離を運転するとき、肘掛けがあるとリラックスして運転ができますし、財布やスマホなどをちょっと入れておく時に重宝します。

また、車内の雰囲気もグッと締まり、かっこよくなりますね。

アームレスト付コンソールボックスは、置くだけ簡単取り付けなので、ぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

<今回プロボックスに取り付けた商品はこちら>

<後ろが見にくいプロボックスにはデジタルインナーミラーがおすすめ>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる