エギングの必需品!「ライフジャケットの必要性と選び方」と「おすすめ3選」

「着けていますかライフジャケット」

私もよくエギングにいくのですが、よく行く漁港でのライフジャケットの着用率は多くて1割程度です。

確かにライフジャケットを着用しなくても釣りはできます。

みんな「泳げるから大丈夫だし、そもそも海に落ちないから」とか思っていませんか?

はたして本当に大丈夫でしょうか。

私は高校時代「水泳部」でした。地元のおっさん達より泳げる自信はあります。そもそも海に落ちないとも思ってます。だけどライフジャケットは必ず着用しています。

それは万が一で命を落としたくないからです。

今回は「ライフジャケット」の必要性と選び方、私がおすすめするライフジャケット3選をご紹介します。

目次

ライフジャケットとは?

ライフジャケットとは、着用者を水上に浮かせ、頭部を水面上に位置させる救命用具のひとつ。主にプールや河川、湖沼、海で用いられるが、海上を飛行する飛行機にも装備されている。ライフベスト、救命胴衣とも呼ばれ、その目的や用途によって様々な大きさ・デザインが存在する。

引用:Wikipedia

ライフジャケットはベストタイプの物が一般的で、釣りはもちろんのことマリンスポーツ、アウトドアなど様々な場面で使用されます。

ライフジャケットはその名の通り「命を守るためのもの」で、正しく着用することで落水しても体を浮かせてくれる働きをします。

今回、エギングをメインに、ライフジャケットのお話をさせて頂きます。

なぜライフジャケットが必要か

ライフジャケット着用の有無と生存率

日本では釣り中の海難事故で、毎年100人前後が「死亡又は行方不明」になっています。また、WAVALさんの記事によると落水による生存率は「ライフジャケット着用で85%」「非着用で約31%」となっています。

ライフジャケットを着用して海中転落した場合、ライフジャケット未着用の場合に比べて生存率が約3倍も高く、逆に未着用の場合は死亡、行方不明率が約5倍も高くなります!

下の表を見てもらえればいかに「ライフジャケットの必要性」があるかわかると思います。

出展:https://waval.net/

なぜ落水で死亡するのか

簡単に言えば「飛び込む」のと「落ちる」は全くの別物だということ。

落水するときは、「足が滑ったり」「波にさらわれた」ときがほとんどです。こういった場合はとっさの回避行動が難しく、バランスを崩して頭を打ったり、手足の骨を折ることがあります。

ライフジャケットを着用しいない状態で頭を強打し、意識不明のまま海に落ちれば確実に死亡します。手足を骨折した場合は泳ぐことができず、溺れて死亡します。

泳ぎが得意でも、衣服を着用していてはうまく泳ぐことができず、波や潮の流れによって海中に引きずり込まれてしまいます。

ライフジャケットも生存率100%ではない

ライフジャケットを着けていても、100%助かるわけではありません。

落水してもすぐ陸に上がれる状況ならよいのですが、ケガをしていたり、堤防が高くて上がれなかったり、波が高くて這い上がることができなかったり、潮に流されたりなどした場合、周りに人がいなければ発見が遅れ、長時間水中にいることになります。

そして落水して呼吸ができる状態でも、海水によって体温が奪われ「低体温症」を引き起こし、海水温が20℃以上であっても2~12時間で意識を失い、その後死に至ります。

海水温が低ければ、死に至るまでの時間はもっと短くなり、海水温が10℃~15℃で2時間以内に意識を失い、6時間以内で死に至ります。

また、膨張式ライフジャケットの場合、落水した際に破れ機能を果たさなかったり、途中で空気が抜けてしまったりし、浮力体式ライフジャケットの場合だと、正しく着用されてなく落水の衝撃で脱げてしまったりして、役目を果たさないことがあります。

ライフジャケットをただ着用すればいいわけではなく、ライフジャケットの選び方、正しい着用方法などの知識が必要となります。

釣り用ライフジャケットの種類

浮力体式ライフジャケット

出典:http://fishing.shimano.co.jp/

浮力体式ライフジャケットはベスト式となっていて、背中・胸の部分に浮力体が入っています。このタイプはポケット等が多数あり収納性、機能性に優れています。

各メーカー軽量で動きやすいものが開発・販売されています。とは言っても膨張式に比べると重く、動きにくく、夏は暑いなどの短所がありますが、転倒時などに体への衝撃を和らげてくれます。安全性はトップだと言えます。

<長所>

  • 機能性に優れている
  • 衝撃から体を保護できる
  • 安価な商品もある
  • 安全性が高い
  • 種類が豊富
  • デザイン性が高い

<短所>

  • 膨張性と比べると動きにくい
  • 夏場は暑い
  • 持ち運び時にかさばる

膨張式ライフジャケット

出典:http://fishing.shimano.co.jp/

膨張式ライフジャケットは、内蔵されたガスボンベが作動することにより膨らみ、水に浮くことができます。

この膨張式ライフジャケットには、肩掛けタイプと腰巻タイプがあります。

膨張式ライフジャケットは、軽く動きやすい特性がありますが、機能を維持するために定期点検を実施する必要があります。また、磯場などで転倒するなどにより破れる恐れがあるほか、雨や波しぶきなどで誤作動をおこす可能性があります。

<長所>

  • 軽く動きやすい
  • 持ち運びに便利

<短所>

  • 点検整備が必要
  • 機能性がない
  • 安全性が不確実
  • 高価

船釣り用ライフジャケット

2018年2月1日以降、船上で釣りを行うときは、国土交通省認定品(桜マーク)のライフジャケットの着用が義務化されました。

船舶の大きさ、利用環境、航行区域によってライフジャケットの規格が決められています。船上で釣りを行う際は下表の「TypeA」の着用が義務となっています。

出典:http://www.jaftma.or.jp/index.html

ライフジャケットの選び方

おすすめは浮力体式ライフジャケット

いつも行く釣り場が、サーフか堤防の足場が良い所なら「膨張式ライフジャケット」でもいいですが、テトラの上や磯に行く場合には「浮力体式ライフジャケット」でなければいけません。

前にも書きましたが、「膨張式ライフジャケット」は擦れて破れる恐れがあるため、磯場には向いていません。

浮力体式ライフジャケットと膨張式ライフジャケットを両方購入できる場合は使い分けてもらえばいいのですが、どちらか一方を購入する場合は「浮力体式ライフジャケット」がおすすめです。

浮力体式ライフジャケットは、一度買えば買い換える必要がなく長い間使えます。

収納性・機能性もあり、全ての釣りに重宝すします。決して安い買い物ではないですが、ロッドやリールよりまず浮力体式ライフジャケットを買って下さい。

サイズ選びは慎重に

ネットで購入するにしても、購入する前に釣具店での試着をしてください。

ライフジャケットのサイズはフリーサイズのものから、体形に合わせてサイズが選べるものがあります。

各メーカーによってもサイズ感が異なる場合もあるので、お店で必ず試着をしてください。大きすぎてもダメだし、小さくて窮屈なのもダメです。

購入後は各部のベルト調整を行って、自分の体にフィットするように調整をしてください。

余りにゆるゆるだと機能を果たせませんし、きつ過ぎても体の動きに支障をきたします。

有名メーカーのライフジャケットを

有名メーカーは独自の安全基準を設け、厳しい条件をクリアしたものを開発しています。

また、釣り人の目線に立って快適性・機能性を追求して作られています。

値段は高いかもしれませんが、有名メーカーのライフジャケットの方が安全で修理保証なども受けられますので、有名メーカーのライフジャケットの購入をおすすめします。

おすすめライフジャケット3選

シマノ ゲームベストライト

出典:シマノ

シンプルな作りの軽量、コンパクトな汎用モデル。

シンプルながらも大容量ポケットやプライヤーホルダーなどの必要な機能を搭載。

カラーは「グレーダックカモ」「ブラック」「ネイビー」「グレー」の4種類、サイズはフリーサイズです。

<ゲームベストライト グレーダックカモ>

YAHOOショッピング 14,344円(税込)(送料無料)(R3.9.8現在)

シマノ XEFO・アクトゲームベストVF-274R

出典:シマノ

様々な釣りに対応した汎用モデル。釣り人の動きを徹底分析して作り上げられ、デザイン・機能とも申し分ない仕上り。

エギングに必要な小物が、このライフジャケットに全て収まります。

カラーは「ブラックダックカモ」「ブラック」の2種類、サイズは「M・L・XL・2XL」の4種類。

<XEFOアクトゲームベスト L ブラックダックカモ>

YAHOOショッピング 29,829円(税込)(送料無料)(R3.6.15現在)

シマノ XEFO・トリッパーゲームベストVF-275R

出典:シマノ

サーフフィッシングのために作られたサーフベスト。

その機能はサーフのみならず、様々なフィールドに対応。多機能、機動性を追求したモデルとなっています。

カラーは「リフレクトグレー」「ネイビー」の2種類、サイズは「M・L・XL・2XL」の4種類。

<XEFOトリッパーゲームベスト L リフレクトグレー>

YAHOOショッピング 31,416円(税込)(R3.6.15現在)

海釣り動画はこちら

まとめ

ライフジャケットの必要性から選び方、おすすめのライフジャケット2選をご紹介しました。

最近のライフジャケットは、デザインもかっこよく、機能も充実しています。エギングに使う小道具も、全て収納可能なモデルもあり、ライフジャケットがあれば、タックルバッグは必要ありません。

自然=危険という認識を持って頂き、釣りライフを安全に快適に楽しんで頂けるようライフジャケットを必ず着用して下さい。

また、船釣りの場合は使用できるものとできないものがありますので、船釣りでライフジャケットを購入される方は良く確認して下さい。

ライフジャケットは安い買い物ではありません。

しかしライフジャケットを着用することで、助かる命もあります。楽しい釣りで命を落とさないためにもライフジャケットを着用しましょう。

最後に

2017年4月、私の大事な友人は、一人で釣りに出かけて帰らぬ人となりました。

行方不明になってから約一か月後、数百キロメートルも離れた場所で発見されました。

この友人の死をいまだに信じることかできず、受け入れることができません。たぶんこれから先も受け入れることなどないでしょう。

いつか元気に戻ってくる気がして。

皆さんもご家族やご友人に、このような想いをさせたくはないでしょう。突然の死は自分だけではなく親しい周りの人間にも影響するのです。

今一度、ライフジャケットを必ず着用することと、無理な釣行をやめて頂きますようお願いします。


<今回ご紹介したライフジャケットはこちら>

<他にもエギングに必要な装備をご紹介しています>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる