「勇気がない君へ」壁は自分自身、小さな一歩で自分を越えろ

「あの時、勇気を出していれば・・・」と後悔している人がいる。

しかし、「あの時」はもう二度とやってこない。もし、「あの時」が再来しても君はまた勇気が出せず「あの時、勇気を出していれば・・・」と同じように後悔を繰り返す。

いくら「あの時、勇気を出していれば」と悔やんでも、勇気がない君にはどうすることもできない。

ただそれだけのこと。

新しいことに挑戦しようとしても、誰かを助けたいと思っても、人生を変えようと決意しても、勇気がなければ何もできない。

君は最期まで「あの時」「あの時」「あの時」とつぶやくだけなのか?

勇気がないのも君らしい生き方かもしれない。私がとやかく言うことではないが、この記事にたどり着いた君は、なんとか勇気を振り絞り、自分を変えたいと思っていることだろう。

ただ、この記事には、勇気への考え方、勇気を持つためのヒントが書かれているだけだ。だからこの記事を読んだからといって、今日から君に勇気が溢れ出してくることはない。

そう、すべては君の勇気次第である。

目次

勇気とは「己に打ち勝つ強さ」である

君が思う勇気が必要となるシーンを思い浮かべてみてほしい。

理不尽な相手に言い返すときか、嫌なことを断るときか、初めてのお店に入るときか、顔を知らない相手に電話をかけるときか。

勇気が必要となるときには必ず不安や恐怖がある。

不安感や恐怖心は「わからない」「知らない」から生まれる動物の本能であり、自然なことである。また、不安や恐怖があるからこそ、今の私たちは存在しているのである。

昔なら藪の中で何かが動けば「得体の知れない何かが襲ってくる危険」があったり、無知がゆえに「命を失う」こともあっただろう。ただ、今の日本において「わからない」「知らない」ことがあっても、命を取られることはなかなかない。災害を除いては。

現代において、本能といえども不安や恐怖を作り出しているのはほかならない自分であり、そこに相手の存在は関係がない。

勇気とは、自分が作り上げた不安や恐怖に向き合い、打ち勝つ強さなのだ。

なぜ君には勇気がないのか

「覚悟ができていない」簡単に言えばこれだけである。

本当は一歩を踏み出したいのに 、不安や恐怖が迫って来ると目を背けて逃げ出してしまう。

一歩を踏み出すことができないことにあれこれ理由をつけ、逃げている自分を正当化する。恥をかくこと、傷つくことを恐れている。

他人目線で自分を見ているから

失敗したら笑われる。見当違いなことを言って恥をかくのはイヤだ。人から嫌われたくない。

勇気がない君の考え方は、こんなところだろう。

君に勇気がないのは、そもそも目線が違うからだ。ありもしない他人目線を勝手に作り上げ、勝手にビビっているだけのこと。

先ほども言ったとおり、勇気とは「己に打ち勝つ強さ」である。そこに他人が入り込む余地はないのだ。

それと君は想像以上に自惚れている。君のことなんて、ほとんどの人は興味がない。君が私に興味がないのと同じように。

未来が見えないから

君の言動でこの先がどう変わるのか、君には予見できない。

まるで真夜中の深い海に飛び込むようなものだ。それは確かに怖いであろう。

だが、一つ言えることは、誰も未来を予見できない。専門家であろうとも占い師であろうとも、誰ひとり未来が見える人間なんていない。

この先どうなるのか?そんなことは誰にもわからない。だが、どうなろうとも覚悟があればなんとでもなる。

君は未来を見ようとしすぎなのだ。

勇気を持つための3つのヒント

ここで君に伝えるのは、あくまでヒントである。3つのヒントを生かすのも殺すのも君次第だ。

本当の勇気が欲しいのであれば、心に留めておくといい。

失敗の先にしか成功はない

勇気がない者の考え方は「成功」か「失敗」の2択しかない。

誰もが成功を望み、失敗を避けようとする。

気持ちはわからんでもない。ただ、成功だけを手にするために失敗を恐れ、なにごとにも挑戦しなければ成功は手にできない。「成功」と「失敗」の2択なら、成功しないと言うことは、もはや失敗である。

挑戦しなければ成功する確率は0パーセント。失敗する確率は100パーセントだ。

どうせ失敗するなら勇気をだして挑戦したほうがいい。失敗を積み重ねた先にしか成功はないのだから。

そして失敗は経験となり、少しずつ暗い海を照らしてくれるであろう。

行動する限り後悔はやってこない

後悔は「あの時」のように、後ろを振り向いた瞬間にやってくる。

前を向き、一歩そしてまた一歩と踏み出しているときには後悔はやってこないのである。

「後悔は先に立たず」

君の進む道の先に、後悔という名の石ころは落ちているだろうか?絶対に落ちていないはずだ。後悔は必ず後ろに転がっているのだから。

だから、勇気を出して行動する君には、後悔はやってこないのである。

勇気が必要なシーンこそチャンスだ

生きていれば必ず勇気が必要とされる場面に出くわす。

それは些細なことから大きなことまで様々であるが、君の人生を変えるターニングポイントであることは間違いない。

勇気が必要となる場面での選択肢は2つ、「逃げるか」「乗り越えるか」だ。

たとえ些細なことでも、勇気が必要となる壁を前にして「逃げる」か「乗り越える」かでは大きな違いがある。逃げてばかりいては、壁の向こうの雄大な景色を見ることはできない。

壁を乗り越えられない君は「井の中の蛙」だ。

勇気がいる場面に出くわしたらワクワクしろ。壁の向こうには君が想像できない未来が広がっているのだから。

壁は君だ!小さな一歩で自分を越えろ

君は最期まで「あの時」「あの時」「あの時」とつぶやくだけなのか?

自分が作り上げた不安や恐怖を乗り越える、ただそれだけのことじゃないか。ライオンや熊を相手にするわけじゃない。パラシュートも着けずに飛行機から飛び降りるわけじゃない。

目の前にいる自分を乗り越えるだけじゃないか。壁は君自身だ。

「勇気がない君へ」

「あの時」はもう二度とやってこない。もし、「あの時」が再来しても君はまた勇気が出せず「あの時、勇気を出していれば・・・」と同じように後悔を繰り返す。

いくら「あの時、勇気を出していれば」と悔やんでも、勇気がない君にはどうすることもできない。

ただそれだけのこと・・・。

君は最期まで「あの時」「あの時」「あの時」とつぶやくだけなのか?

<あなたは自分の人生の傍観者>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる