言葉の選び方で人となりがわかる「何気ない一言は隠れた部分を映し出す鏡」

言葉は不思議な力を持つ。

私たちは何気ない一言に勇気をもらったり、傷ついたりもする。

なぜなら何気なく発せられた言葉には魂がこもっているからである。その人の見えない気持ちが伝わるからである。

だから何気なく発せられた一言が、その人の本性であると言える。

人に勇気を与えられる人は勇気のある人。人を傷つける人は臆病な人。

何気ない一言は人の隠れた部分を映し出す鏡である。

目次

隠そうとしても言葉に本性は現れる

何気なく発せられる言葉は、その人が普段思っていること、考えていすこと、すなわち思考が飛び出す瞬間である。

なぜなら言葉とは、思考して組み立てるものであるから。

思ってもいないこと、考えてもいないことは言葉にできない。そもそも人間の脳は無いものは認識できないからである。

無意識に発せられた言葉には無意識だからこそ、その人の思考が凝縮されているのである。

無意識でも脳は言葉を組み立てる

思考というのは言葉で組み立てる。言葉というのは思考で組み立てる。

卵が先か鶏が先かではあるが、人間が円滑にコミュニケーションを図れるのは、思考=言葉があるからである。

人は常に思考している。思考停止している人でも、何かしらのことは考えている。

無意識であろうとも脳の活動は止まることはないのであるから、言葉も止まることなく組み立てられているのである。

いつも何を考えている人間か

私たちの周りには、何気ない一言で人を不快にさせたり、傷つけたり、時には萎縮させたりする人がいる。

本人にはその意図がなくても。

ではなぜその人は、周囲の人たちを不快にさせたり、傷つけたり、萎縮させたりするのであろうか。

それは自分に自信がなく弱い人間だからであり、弱いからこそ「自分を強く見せるみはどうしたらよいか」「相手より自分が優れていることを表現したい」と常々考えているからである。

だから咄嗟にでる一言は、相手より自分のほうが優れているという「自己顕示欲」の現れなのである。

今、悪い例を挙げたが、何気ない一言に優しさを感じる人もいる。

幸せな人は穏やかで幸せな言葉を分け与え、相手を暖かく包み込むことができる。このような人は思いやりの心でいつも「どうすれば相手が幸せになれるか」を考えているのであろう。

言葉の端々に目を向けると、その人の本性が垣間見える、いつも何を考えているかがわかる。

その人の何気ない一言に耳を傾ければ、その人の本質が見えてくるのである。

隠した言葉の裏側は透けて見える

世の中にはいつ何時も「自分を偽る人」が存在する。簡単に言うなら「物事を建前だけで考える人」である。

建前だけで考えるから、ふとした瞬間でも本音が出づらい。

表面上このような人から発せられる言葉は一見キレイであるが、心が感じられない。

自分を隠そうとしている人の本性を探ろうと思っても、本音が出ないのであれば難しいのではと思うであろう。

しかし建前の言葉でもその人の本性は現れるのである。

建前しか発しない人は「自分を良く見せたい」「弱みを見せたくない」など、「虚栄心」の現れである。

今回の場合、言葉そのものにはその人の本性は現れないが、その裏側は案外簡単に透けて見えるのである。

言葉の選び方で人は変わる

「思考=言葉」とお話した。

普段の思考が言葉になるのであれば、発する言葉で思考が変わってくる。

思考が変われば心も変わり、人生はおのずとより良い方向に進んでいく。

自分を変えたければ言葉を変えろ

日本には「言霊(ことだま)」という言葉がある。

発する言葉には霊的な力が宿るとされており、ポジティブな言葉を発すればよりポジティブに、ネガティブな言葉を発すればよりネガティブになると言われる。

霊的な力は別として。

思考は言葉で組み立てるのであるため、よりプラスな言葉を選び使えば、前向きな思考ができることは間違いない。

だから「今の自分を変えたい」と思うのであれば、変えたい自分に合わせて言葉を変えることが手っ取り早い方法である。

ただし気をつけたい点はある。

例えば、自分に自信がなく「強くなりたい」「自信を持ちたい」と思っても、周囲の人を不快にさせたり、傷つけたり、萎縮させたりすることが強さではない。

これは弱い人のすること。

本当の強さとは何か、自信にあふれるためには何をするべきかを自分自身に問いかける必要がある。

言葉を変えることが手っ取り早いと言ったが、やはり言葉選びと深い思考は大切である

自分が発した言葉で相手が変わる

相手が発した言葉で勇気をもらったり、傷ついたりするのであれば、その逆もしかり。

私たちが発した言葉は相手の心に作用する。

相手のことを想い、気持ちに寄り添った言葉をかけるだけで、人は前向きになれる。

しかし相手の気持ちを考えずに自分本位で発した言葉は人を傷つけ、人のやる気や自信を奪うことになる。

自分本位で発する言葉は人を傷つけるだけではなく、信頼を失うという形で自身に跳ね返ってくる。

「口は善悪の門」

何気ない一言、私たちが選んだ言葉で相手は変わってしまい、自身も滅ぼしてしまうのである。

言葉は私たち心を映す鏡

心は見えない。

しかし私たちが発する言葉には、確かにはっきりと心が映し出される。

だが言葉を発している本人は気づかないものである。

私の言葉は穏やかですか?あなたの言葉は優しいですか?

何気なく発せられる言葉は、その人が普段思っていること、考えていすこと、すなわち思考が飛び出す瞬間である。

思ってもいないこと、考えてもいないことは言葉にできない。

何気ない一言は人の隠れた部分を映し出す鏡である。

<人間関係を見直せば人生がもっと楽になる>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる