人生は後戻りできない、だから後悔を味わい尽くして前へ進め

「あの時の失敗を忘れられない」「あの頃に戻ってもう一度やり直したい」

誰だって一度や二度、いやもっとたくさん思ったことがあるよね。

【もう戻れないから後悔をする】

そう人生はやり直しができない。

100年後、1000年後の未来でさえ、時間を巻き戻すことは不可能な気がする。

だってあなたが人生を巻き戻したら、あなたに関わったすべての人の人生も変わっちゃうから。だって誰かが人生を巻き戻したら、あなたの人生も変わっちゃうから。

人がね好き勝手に時間を操って、自分の都合のいいように人生をコントロールするようになったら、世界は先に進まなくなって崩壊しちゃうよ。

だから人生は後戻りできないほうがいいんじゃないかな

目次

後悔が不毛である理由

簡単に言っちゃえば「後悔してもどうにもならないから」

生きていれば「なにを食べようか」なんて小さな決断から、「誰と結婚するか」「どんな仕事に就くか」なんて大きな決断があるけど、「これにして良かった」と思うこともあれば、「失敗したな」と思うこともある。

でも結局、未来なんて誰にも予知できないから、未来にたどり着いてみないと結果なんかわからない。

なので過去に戻って選択をし直しても、後悔することになるかもしれない。

「未来は予知できない」「過去は変えられない」

だから後悔は不毛なんだよね。

後悔を味わい尽くせ。そして捨てろ

「後悔先に立たず」

このことわざは「過去を悔やんでも仕方がない」だから前もって熟考することが大切だと言う意味らしいけど、ぼくは違う解釈をしている。

その時その時は「最善の選択」をしているつもりでも、後悔することはよくある。なのでいくら熟考しても、この先に後悔があるかないかなんてわからない。

だから後悔先に立たずとは、「後悔なんて先には見えないのだから前に進め」だと思ってる。

【過去を悔やむなら、一晩でも二晩でもとことん悔んで、苦味を味わい尽くせ】

あえて苦味を味わい尽くす、これは女性の失恋とよく似ている。

女性は失恋をすると思いっきり悲しみを増幅させ、涙が枯れるまで泣き続ける。そして数日も経つと「あれ?なんで悲しかったんだっけ?」って幸せそうにスイーツを頬ばる。

後悔も失恋と同じで、中途半端に考えるとズルズル引きずる原因になって長引く。そうなると後悔がまた後悔を呼び寄せ、うじうじと悩み先に進めなくなる。

だから後悔するときはとことん味わう。

ガムみたいに味がなくなるまで噛み続けたらもう必要はない、ゴミ箱に捨ててしまおう。

前に進み続ける者に後悔は訪れない

「後悔はどこにあると思う?」

後悔は常に後ろにあるよ。自分が進んできた道に石ころみたいに転がってる。

ぼくはもう戻れないんだ。だから後ろに転がってる石ころなんかに興味はないんだよ。

これから進む先には、もちろん後悔の石ころなんか落ちていない

だから前へ前へ進む人には、後悔なんて訪れないんだよ。

振り返ったら石ころだらけ、人生ってそんなもんなんだ。

<大人たちよ夢中になれ>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる