苦労したって幸せにはなれない「幸せになりたいなら苦労は避けるべき」

ろうがいさん

若い時の苦労は買ってでもしろ!

「若い時の苦労は買ってでもしろ」と一度や二度は聞いたことがあると思います。

私はこの言葉を真に受けて、社会人一年生から苦労を重ねてきました。

その結果どうなったかと言うと、思いもよらない苦労がどんどん降ってきて、苦労のぬかるみから抜け出せなくなり、挙句の果てにはうつ状態になりました。

そんな経験から

こう

老若男女問わず、苦労は金をもらってもするな!

とハッキリと言えます。

今回この記事では、「苦労はするべからず」のお話をしていきます。

目次

苦労は負のスパイラル、すればするほど抜け出せない

苦労を買っているとどうなるか。

次から次へと苦労と言う名の重りを付けられて、身動きが取れなくなります。

だから苦労しても幸せにはなれないのです。

苦労する人には苦労が集まってくる

若い時から度重なる苦労を乗り越えていると、「あいつは多少キツイ仕事でもやりきる」と周りから評価され、キツイ仕事や難しい仕事ばかりが回ってくるようになります。

いわゆる「苦労のスパイラル」に陥ってしまいます。

その内、自分自身も周りの人間も「苦労が当たり前」となり、知らず知らずの間にキャパオーバーの苦労を背負ってしまうのです。

こうなると肉体的にも精神的にも疲弊してしまい、幸せはどんどん遠のいて、最終的には「うつ病」などの精神疾患を患ってしまうのです。

苦労を望み苦労が正しい選択となる「現状維持バイアス」

現状維持バイアスとは、現状からの変化に不安を感じて現状に固執する心理状態のこと。

今回の話に当てはめると、苦労をしないことに不安を感じて苦労をしてしまうとなります。

ぼち太

えっ!?そんなことないでしょ!

人間は変化に対してリスクを感じる生き物です。

話は変わりますが、自他ともに認めるブラック企業に勤めているAさん。周りからは「早く辞めて転職すればいいのに」と言われ、自分でもそう思っていても辞めません。

なぜなら現状を変えることに不安があるから、今の生活が変わることに恐怖を感じるから。

冷静に考えれば「ブラック企業からの退職」の一択だと思うのですが、自分の頭とは裏腹に潜在意識は強く現状に留まろうとします。

これが現状維持バイアスなのです。

だから苦労を続けてきた人は、知らず知らずのうちに苦労を求め、苦労するほうの選択をしてしまうのです。

苦労の押し売りをする人の心理

誰もが「苦労はしないほうがいい」「苦労はしたくない」と思っているはずなのに

  • 苦労は買ってでもしろ!と苦労を強制する人
  • 昔はたくさん苦労したんだ!と自慢する人

周りにはこんな人が必ずいますよね。

自分より楽をしている姿が許せないだけ

ろうがいさん

苦労せにゃならん!おまえのためを思って言ってるんじゃ!

いやいや、人が自分より苦しむ姿を見て安心したいだけなんですよね。

苦労と言う名の「大変な仕事」「難しい仕事」を押し付けたいだけなんですよね。

要は「意地悪な性格」なだけ

本質が分かる人は「自分は苦労してきたから、若い人たちには楽にやってほしい」と思うのが普通です。

自分がやってきたことを正当化したいだけ

自分は苦労してきたにもかかわらず、若い人たちが工夫したりして楽にすることを「手抜き」と考えています。

もっと言えば苦労を押し売りする人は、自分が苦労した昔のやり方にこだわる傾向にあります。

若い人たちがなんの苦労もせずに同じ成果を上げることは、自分のしてきた苦労が否定されているようで我慢ならないのです。

そして「自分のしてきた苦労には意味があるんだ!」と信じたい、だから自分のしてきた苦労を若い人たちに押し付けたいのです。

幸せになるために「苦労を避ける努力をしよう!」

いつか幸せになることを夢見て、ずっと苦労を重ねる。気が付けばベッドの上で最期を迎え「自分の人生って何だったのだろうか」と考える。

こう

幸せになるために苦しむなんて矛盾しています。

幸せは曖昧なものですが、何が自分にとって苦痛なのか、困難なのかはハッキリしています。

そんな苦痛や困難があると、人は幸せを感じられなくなります。

だから幸せになるためには「不幸を取り除く」ことが大切なんです。

そして苦労もその一つ。

自分にとって何が苦労じゃないかを考えるより、何が苦労なのかを思い浮かべるほうが簡単です。

そして思い浮かべた苦労に立ち向かうより、避けて通ったほうが幸せなんです。

例えば、朝起きるのに毎朝苦労するよりも

  • 最新の目覚まし時計を買う
  • 夜は早く寝る
  • 朝起きなくてもいい仕事に転職する

など、方法はいくらでもあります。

無理して苦労するよりも「ちょっと自分の頭で考えて努力をする」、そうすれば苦労を避けられるようになります。

だから「苦労を買ってまでする」なんてバカバカしいことはやめにしましょう。

そして努力についても人から強要されるものではなく、「自分が幸せになる努力」「楽しく夢中になる努力」が大切です。

努力を苦労と同じであるかのように考える人がいますが、努力は苦しいものではなく、自分の幸せや目標に向かって行うもの。

会社や他人から強要される努力は、苦労そのものになってしまいます。

ぼち太

努力は自分のためにしよう!

まとめ

「苦労は買ってでもしろ!」「苦労はあなたのため!」と言うのは全くの嘘。

一度苦労の沼にハマると抜け出すことが困難になり、幸せになるどころかどんどん不幸が寄ってきます。

今、苦労していると感じるなら、苦労を避ける努力をしてください。

苦労を避けることで、あなたは確かに幸せを感じることができるようになるでしょう。

こう

苦労はするべからず!ですよ!

<完璧主義をやめると生き方が楽になる

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる