「生きる意味がわからない」それが正解、だから悩まず今を思いっきり楽しめ

「生きる意味がわからない」

辛いこと、悲しいことを経験した人、毎日同じことの繰り返しに嫌気が差した人間がぶち当たる悩みである。

いくら考えても答えなんてでやしない。

そう、答えがでないことは当たり前なのである。

なぜなら生きることの意味なんて誰にもわからないから。

目次

生きることに意味なんてない

なぜ生まれたのか、何のために生きるのか。

地球に存在する生物はわかっているだけでも175万種、この中で生きる意味を考えるのはおそらく人間だけである。

一つ言えるのはバクテリアも人間も同じ生物、そしてただ偶然に生まれただけのこと

「宇宙はなぜ存在するのか」と同じように、なぜ生まれたのか、何のために生きるのかなんて考えても答えはでない。

そもそも意味なんかないし、生まれた意味、生きる意味を求めるほど人間は特別な存在ではないし、こんなことを考えるなんて人間の自惚れだと感じる。

ただ人間だけが死を選べるのは確かなこと。

でもまあ、せっかく人間の肉体とあなたの意志があるわけだから、もうちょっと生きてみる価値はあるのではないだろうか。

だから今この瞬間を楽しめ!

今を楽しく生きている人は「生きる意味」どころか、過去の失敗や将来の不安なんて気にしない。

なぜなら今この瞬間が楽しく夢中になっているから。

人は同時に複数の物事を考えることができない生き物。

だから楽しいことに夢中になっていれば、生きる意味なんてどうでもいいのである。

夢中になれば嫌な事なんかどうでもよくなる

小学校の夏休みを思い出してみるといい。

宿題が山ほどあるのに、海水浴やプール、虫取りなどに夢中になって、結局夏休み最終日をむかえてしまった。なんて経験があると思う。

しかし今、あの頃の夏休みを振り返って、宿題をしなかったからってどうってことない感じがする。

夏休みの一日一日を楽しく過ごすことができた、それで良かったと思う。

これは人生にも同じことが言えるのではないか。

嫌なことを忘れ、楽しいことに夢中になって過ごせば、最期は「楽しかったな!」「面白かったな!」と思えるはずなのである。

辛いこと苦しいことは今すぐ手放せ

辛いことも苦しいことも人生には必要だ!なんて言う人がいますが、これがそもそもの間違いである。

生きる意味はわからないけど、あなたを苦しめる原因は確実にわかっているはず、短い人生の中で「辛いこと苦しいこと」に時間を費やすなんてほんともったいない

今すぐに手放すか、その場所から逃げ出すことをおすすめする。

あなたは鎖に繋がれているわけでもなく、檻に入れられているわけでもないのですから、自分の意志でその場から離れることは自由なのだから。

まとめ

生きる意味を考えて悩んでも時間のムダである。

そもそも人間が生まれたことはただの偶然で何の意味もない。

しかし辛いこと苦しいことを手放して、楽しく夢中になって生きることは人生を豊かにする。

ぜひ今この瞬間から、余計なことが考えられないほど思いっきり楽しんでいきませんか?

<楽しさの定義は人それぞれ>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる