「楽しいとはなにか?」定義は人それぞれ|失敗も笑いに変えて今日もうまいビールを飲む

「楽しいとはなにか?」なんて本当は考えなくても、楽しいから楽しいでOKだと思います。

でも今の時代を生きている人たちは、楽しささえも定義しないと分からないほど、荒んでいるのではないでしょうか。

私も「楽しいとはなにか」と考えた時期がありました。

私自身は楽しいを

「失敗でさえ笑いのネタにして、家族や友達と笑いながらビールを飲むこと」

と定義しました。

今回は「楽しい」について、私の考えをお話します。

目次

「楽しい」と感じない、分からない人へ

楽しいとは

辞書で調べると「楽しい」とは、満ち足りていて、愉快な気持ちである。と書いてあります。

楽しいと感じない、楽しさが分からない人は、心がクタクタで疲れ果て、カラカラに乾燥してしぼんでいる状態です。

心が乾燥している状態では、楽しいという種があっても潤いがないために発芽しないので、いくら考えても楽しい感情は生まれてこないのです。

まずはゆっくり休養して、心に潤いを取り戻すことを優先してください。

そうすれば自然と楽しさの種が発芽して、心が満ち足りてきて愉快な気持ちが少しずつ生まれてきます。

<楽しくないと感じるあなたは他人軸で生きている>

楽しいとは時間を忘れて夢中になること

「最近夢中になったことがありますか?」

たぶん多くの大人たちは「ない」と答えるはずです。

私はこの前、友達の仕事をアルバイトという形で手伝いました。

慣れない仕事で疲れたけど、時間はあっという間に過ぎ、楽しかった、面白かった印象が残っています。

アルバイト代は「生ビール10杯分」

生ビールがアルバイト代?と思う方もおられると思いますが、私はその場で現金を貰うよりも、居酒屋で友達と仕事の話をネタに時間を共有して、大好きなビールが飲めることが楽しいのです。

アルバイトで夢中になり、居酒屋で話に夢中になれる。楽しいじゃありませんか。

そうなんです。

楽しいの原点は夢中になることなんですよね。

失敗って損?いいえ、笑いのネタです

多くの日本人は「失敗は許されないもの」と捉えがちですが、そもそもこの考えが楽しくない。

例え失敗しても「あ~やらかした」より、「ネタができた」と思えば楽しくなるはずです。

実際の話、飲み会で成功体験を聞かされるよりも、失敗談を面白おかしく聞く方が楽しいですよね。

失敗は恥ずかしいと思わず、どんどん挑戦していったほうが楽しいし、失敗しても笑いのネタになると思えば楽しい。

結局、楽しい人生って「失敗を笑いに変えてうまいビールを飲む」ことなんですよね。

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる