部下が報連相しない原因は上司にある|部下を萎縮させる【威圧的・高圧的】な態度を改めよ

部下が報告・連絡・相談をしてこないのは、報連相のたびに上司が威圧的・高圧的な態度を示すからである。

信頼関係が築けている場合は、強制をしなくても部下はちゃんと報連相をするものであるが、上司の言動が部下を萎縮させることで報連相ができない状況にさせている。

今回は、なぜ威圧的・高圧的な態度の上司が存在するのか、部下を萎縮させることでどんな状況に陥るのかをお話します。

目次

威圧的・高圧的な態度をする理由

どんな組織でもハラスメント気質を持った上司は存在する。

そもそもこのような性格の人間は、上司や管理職としての素質は持ち合わせていない。

だが年功序列のシステムで上司になり、何かのタイミングによって管理職になってしまう。

報連相を求めるのは評価が欲しいため

上司が報連相を求めるのは、何も業務を効率よく運営したり、部下の状況を把握するためではなく、上司として部下の行動を監視して、上層部から「よく頑張っているな」と高い評価を受けたいからである。

また効率よく部下をコントロールし、自分の出世街道の整備をせっせと行っているだけなのである。

このような上司は、部下から自分の意図としない報告を受けると「報告が遅い!」「私は聞いてない!」など怒り始める始末。

自分は偉く、正しいと思っている

威圧的・高圧的な態度をとる人間は、プライドが誰よりも高く、自分が一番偉くて正しいと思い込んでいる。

なので、部下からの意見や提案などには耳も傾けず、威圧的・高圧的な態度で押さえつけようとするのである。

しかしトラブルの責任を持ちたくないため、部下からの相談に対して「自分で解決策を考えて報告しろ」と言うばかりで自分から助言や行動はしない。

そもそも部下を育てようなど思っていない

部下は出世のためのコマ。

部下なんか、怒鳴り散らしてでも自分の思い通りにコントロールして、自分の手間を省き、神輿になって出世街道を走ってくれればいいと思っている。

なので優秀な部下ではなく、自分の言うことを聞く部下が欲しいのである。

部下が萎縮することでどんな状況に陥るのか

仕事のモチベーションが下がる

威圧的・高圧的な上司に何を相談しても、「自分でなんとかしろ」と言われ、自分でなんとかしても「そんな対応でいいのか」などと後出しジャンケンでダメ出しをしてくる始末。

相談すれば「自分でなんとかしろ」だし、相談しなければ「聞いてない」だし、結局こんな上司になにを相談しても、フィードバックをもらえず、なにをしても叱責を受けるばかり。

こんなことが続けば部下のモチベーションは下がる一方で、部下にとっても上司にとっても、また会社にとってもいいことなどない

もちろん部下が退職する原因にもなる。

上司を信頼しなくなる

報連相に厳しいわりには的確なアドバイスが得られない、それどころか毎回叱責を受けていれば上司を信頼しなくなる。

またこんな上司に限って「重箱の隅をつつく」ようなどうでもいい指摘をしたり、ムダなルールを作ったりと、部下の仕事を増やしたがる。

信頼していないから上司の言うことなど聞かなくなり、叱責を受けるのが嫌だから報連相もしなくなり、結果、その上司のいるチームは士気が下がり業績も振るわなくなる。

<ルールを増やしたがる上司の心理>

部下が本音を言わなくなる

第一線で働く部下だからこそ、画期的なアイデアや業務の効率化などの工夫を思いつくのだが、上司に対して恐怖心を抱いているため、アイデアや工夫など思っていることを話さなくなり、結果的に組織全体の能力が衰退していくことになる。

威圧的・高圧的な上司はマイナス要因でしかない

これまでお話したとおり、威圧的・高圧的な上司は部下を萎縮させるため、人間関係が硬直して組織全体がギクシャクする。

本来、良好な人間関係が築けているのであれば、部下は自然と「必要なタイミングで必要な報連相」を行うようになる。

報連相ができていない組織であるならば、部下に「報連相が大事」と教育することは間違いであり、目を向けるべきは上司の人間性なのである。

威圧的・高圧的な上司は、全ての面においてマイナスでしかない。

まずはこのような上司を再教育して「ねじ曲がった性格」を治すしかないだろう。

<めんどくさい人間関係を捨てませんか?>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる