「もううんざり」職場のマウンティング男をかわすための対処法

あなたの職場にもいませんか?

何かにつけて上から目線の上司や同僚。

給料自慢から始まって、忙しい自慢、学歴自慢、知識自慢など、とにかく自慢ばかり。

自慢だけで済めばまだいいのだが、「で、お前はどうなの?笑」なんてマウントとってくるもんだから、イライラMAX。

今回は、どこにでもいるマウンティング男の対処法について、いくつかご紹介します。

明日からマウンティング男をうまくかわして、楽しい職場にしましょう!

目次

マウンティングとは

マウンティングとは、サルなど集団で生活する動物が、力で弱いものを押さえつける行為のことを言います。

人間界では、「私のほうがお前より優れているんだぞ!」と相手を見下したり、アピールしたりすることですね。

女性に多い印象ですが、実は、男社会にも確実にマウンティング男が存在するのです。

マウンティングは、職場だけではなく、友達関係や親族関係、初対面の関係でも起こる、めんどくさい現象です。

ではなぜ、このようなマウンティングが行われるのでしょうか。

マウンティング男の心理

マウンティングをしてくる男の心理は

  1. 弱さを隠したい
  2. プライドが高い
  3. 他人に認められたい

多くのマウンティング男は、①~③のすべてが当てはまります。

弱くて自信がないけど、プライドが高いが故に、他人から認められたい。

こう

もう無茶苦茶やん。

こういうマウンティング男に限って、自分より格上の相手には、頭が上がらなく腰が低くペコペコ、八方美人でゴマすりだったりします。

いつもは、「自分はお前らより優秀!」とマウントをとっているにも関わらず、いざという時には、言い訳をして逃げてしまう特徴があります。

マウンティング男の対処法

サルの世界のマウンティングは本物の実力ですが、マウンティング男には実力が伴っていません。

コツを掴めば、マウンティング男を撃退することは十分に可能です。

その対処法は

  • 聞き流す
  • 理詰めでキレる

1つずつ見てみましょう。

聞き流す

この聞き流す方法が、一番労力を使うことなく華麗にスルーすることができます

「マウンティングされてるな~」と思ったら、「スゴイですねー」「さすがですねー」と、適当に返事をしましょう。

マウンティング男は自分が認められたら満足しますし、基本「かまってちゃん」なので、相手にされてないと思ったら別のターゲットの所へ移動します。

適当な返事にも疲れたら、「忙しいんで!」と言って離れましょう。

理詰めでキレる

「理詰めでキレる=嫌なところを正しく指摘する」ですね。

あなたにも我慢の限界があります。

聞き流すことができなくなったときは、キレましょう。

マウンティング男は、自分より弱そうな人間をターゲットにしてきますので、文句を言ってくる人間にはマウンティングをしてきません。

我慢の限界がきたら、マウンティング男の弱みを突いて、キレましょう。

まとめ

マウンティング男は、どこでも現れます。

特に害があるわけじゃないけれど、けして気持ちいいものではありませんよね。

できれば「関わりたくない」が本音です。

まずは、「聞き流す」をマスターして軽くかわす。しつこいようなら「理詰めでキレて」突き放しましょう!

<めんどくさい人間関係はもう終わりにしませんか>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる