少しでも快適な避難生活を「人に頼るだけでは災害に勝てない」

誰でも一度はテレビで見たことがある避難生活。

着の身着のまま小学校などの避難所に逃げ込んで、不安を抱えたまま他人との避難生活を送る日々。

突然の避難生活は、はっきり言って過酷です。

この記事では、そんな避難生活を少しでも快適に過ごすための「自力の防災」についてお話します。

今回は

  1. 準備
  2. 睡眠
  3. 食事
  4. トイレ
  5. 明かり

この5つのテーマで進めていきます。

記事の筆者

2016年10月21日に発生した鳥取県中部地震を機に、防災士資格を取得。

建設会社で現場監督を続けながら、地元の自衛消防団長に就任。

それでは1つずつ見ていきましょう。

目次

防災は準備が大切

いつ起こるか分からない災害に対して、準備をしている人はどのくらいいるのでしょうか。

非常持ち出し袋、防災備蓄、防災訓練や学習などの備えをしている人は、全体の41.8%、被災経験のある人の中でも、53.6%ほどの統計結果です。

災害大国日本で暮らしているにも関わらず、人口の約4割が防災を意識していないことに驚きです。

被災者の中には、市町村の対応を批判して、文句ばっかり言う人がいますが、市町村の職員も被災者である可能性も大いにあります。

自己中心的に他人を責めたり、他人に対応を求めるばかりでは、なんの解決にもなりません。

災害が発生した時、あなたの命を守ってくれるのは他の誰でもありません。

あなたと、あなたの家族の生死を分けるのは、あなた自身なのです。

災害が発生した時に、少しでも快適に避難生活を過ごすためには、事前の準備が大切です。


<防災対策【準備編】はこちらの記事へどうぞ>

避難生活は睡眠が大切

避難生活は、今後の不安や他人との共同生活でのストレスで、なにかと気疲れしてしまいます。

せめてゆっくり寝ようと思っても、人の気配や物音が気になって、よく眠れないことは当たり前。

このような状況で、睡眠不足が続くと、体力が落ちるどころか、精神的にまいってしまう人も出てきます。

避難生活で睡眠をしっかりとることは、とても重要なのです。

<避難生活で少しでも快適な睡眠を得る方法>

少しでも快適な避難生活を過ごすためには、避難所ではなく、テントで生活することをおすすめします。

テントでの避難生活のメリットは、他人から距離を取り、プライバシーが確保できるところにあります。

ぜひ、防災備蓄品にテントを加えて下さい。

<テントでの避難生活の記事はこちら>

テントの中は、完全なプライベート空間を保つことができますので、工夫しだいで快適な睡眠をとることができます。

避難生活は食事が大切

大規模災害の場合は、救援物資が届くまでに3日間はかかるとされています。

この3日間の間は、自力で食料を調達して、食いしのぐ必要があります。

しかし、災害が起こったあと、食料を手に入れることは困難。

大人ならなんとか我慢できるかもしれませんが、子どもや赤ちゃんには無理でしょう。

最低でも3日分の食料を、非常用持ち出し袋に入れておくことが大切です。

<非常用持ち出し袋の記事はこちら>

<避難生活の食事についての記事はこちら>

避難生活はトイレが大切

大規模災害が発生すると、断水、下水道の破損でトイレが使えなくなる可能性が大きいです。

使用できるトイレも、人が集中し長蛇の列、衛生的にもよくありません。

こういった避難生活の場合、トイレの回数を減らすために、飲むことや食べることを極端に制限してしまう人がいますが、これも健康上良くありません。

避難生活では、動くことが少なくなり、これに加えて水分を控えると、エコノミークラス症候群が引き起こされる確率が高くなり、最悪の場合死に至る可能性もあります。

食べること飲むことに合わせて、トイレも重要なのです。

少しでも快適な避難生活を過ごすためには、携帯トイレ、簡易トイレを準備をする必要があります。

<避難生活のトイレについての記事はこちら>

避難生活は明かりが大切

大規模災害が発生すると、多くの場合で停電になります。

避難生活で明かりがない状態が続くと、災害の心理的ショックと暗さで不安が大きくなり、精神的によくありません。

また、夜間での移動の際に、思わぬ事故に遭ったり、犯罪などに巻き込まれる可能性もあります。

最低でも1人に1つの照明器具を持つことが重要となります。

<避難生活の明かりについての記事はこちら>

まとめ

大規模災害が発生し、避難が必要になると、普段とは比べものにならないぐらい過酷な生活になります。

日頃から準備をしっかりしていれば、少しでも快適な避難生活が過ごせることでしょう。

  • 準備
  • 睡眠
  • 食事
  • トイレ
  • 明かり

まずは、この5つのテーマを中心に対策を行ってください。

南海トラフ巨大地震も、いつ発生してもおかしくない状況です。

今からでも間に合います。しっかりと災害への備えをしていきましょう。

あなたと、あなたの家族が助かるために。

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる