「避難所生活あなたは耐えられますか?」テント生活で最大限プライバシーを守る避難生活

「災害大国日本」

いつ大規模災害が発生して、あなたの生活に影響を及ぼすかわかりません。

もし、自宅が被害にあい、避難生活を余儀なくされたら、あなたはどうしますか?

避難生活にはいくつかの方法があります。

  1. 体育館などの避難所生活
  2. テントでの避難生活
  3. 自動車での避難生活

今回は、この中でもっともストレスが少なく、プライベート空間が確保できる、「テントでの避難生活」をご紹介します。

いざという時のために、家庭で準備されるといいですよ。

目次

避難生活で一番のストレスはプライバシーがないこと

避難所での生活はどんな感じ?

体育館や公民館での避難生活は、屋根も壁もあるから、それなりの避難生活が送れると思う方も多いです。

しかし、一番ストレスが多く、過酷なのは、この避難所での生活なんです。

ストレスの最大の理由は「プライバシーがないこと」

体育館などの避難所では、仕切りがほとんどありません。しかも、各家庭のスペースは必要最小限で、すぐ隣には赤の他人が生活をしている状況です。

  • 夜中の物音や、話し声が気になり眠れない
  • 着替えるにも人の視線が気になる
  • 人に気を使う

など、プライバシーのない生活はストレスです。

友達や親戚の人たちと隣で寝るだけでも気を使うのに、赤の他人がすぐ隣にいるなんて、想像しただけでストレスが溜まりますよね。

とくに女性は、着替えや授乳など、人の目線が気になり辛い状況です。

女性には、かなり辛い状況。

あまり知られていませんが、避難生活では、覗きや盗撮などのほか、女性の性被害も多数発生しています。避難生活は非常事態かつ非日常です。想像もつかないことが頻繁に発生します。

自動車での生活はどんな感じ?

自動車での避難生活は、プライバシーの確保はできますが、別の問題があります。

それは狭いこと。

例えば、家族4人が自動車の中で横になろうと思うと、大きな1BOXタイプの車が必要です。

自動車のシートは完全なフラットにならないため、寝返りがうてず、長時間同じ姿勢で過ごさなくてはなりません。

これは、災害の二次被害とされる「エコノミー症候群」を引き起こす原因となり、最悪の場合、死にいたる恐れもあります。

また、自動車を避難生活の拠点としている場合には、お父さんが仕事に出かける際などに、自動車が使えない状況になりますね。

エコノミー症候群のリスクが高い。

避難生活はテントがベスト

避難所や自動車の避難生活は、どちらもデメリットが大きいことがお分かり頂けたと思います。

テントでの避難生活も、とても便利とは言えませんが、他の避難生活に比べれば、プライバシー空間の確保、エコノミー症候群などのリスクを減らすことができるのでオススメです。

テントは、完全にプライバシー空間なので、着替えや授乳など、女性が困る問題を解決できて安心です。

また、隣と離れているので、ちょっとした声や物音は気にならなくなるので、ストレスを減らせますね。

テントの中の空間も、避難所や自動車よりも広く使えますし、工夫しだいで快適に避難生活を送ることも可能です。

とにかく、他人の目を気にしなくてもいいところが最大のメリットです。

テントはプライバシーが確保できる。

どんなテントを選べばいいの?

それでは実際に、避難生活ではどんなテントを選べばいいのか、解説していきますね。

家族全員が横になれるプラス荷物が置ける広さ

家族全員が横になれる広さがあれば、テントの中で食事をとったり、子供が勉強したりするには十分な広さです。

しかし、普通のキャンプとは違い、避難生活は長くなることも。

このような時には、着替えなどの雨に濡れてはいけない荷物を置けるスペースを確保する必要があります。

自動車がある場合は、荷物を自動車に入れておくことも可能ですが、できない場合には、テントの中にスペースが必要です。

ですので、家族の人数より広めのテントのほうが便利です。

しかし、市販されているテントは、定員が5人程度がほとんどですので、家族の人数が5人以上の場合は、テントを2つに分けるなどの工夫が必要です。

前室があるほうが便利

出典:https://ec.coleman.co.jp/

当たり前ですが、避難生活には雨の日もあります。

履いている靴を外に置いていたら、突然の雨や露で濡れてしまいますので、前室のある2ルームタイプがオススメ。

この2ルームタイプは、開口部を閉じることができるので、雨の吹き込む心配はありませし、子どもが遊んだり、食事の準備なども前室でできます。

避難生活におすすめテント

避難生活をするうえで欠かせない、おすすめテントをご紹介します。

アウトドア用品メーカー「コールマン」の、ワイドなリビングルームを備えた4、5人用の2ルームテントです。

寝室は、大人が5人まで横になれるスペースがありますが、避難生活の荷物のことを考えると4人での使用が丁度いいと思います。

前室は料理や食事をしたり、子どもが自由に遊ぶことのできる十分な広さです。

私もこのテントを所有していますが、家族4人で生活できるほど広いスペースを確保できます。

作りもしっかりとしていて、雨風に強い構造です。

価格は、YAHOO!ショッピングで47,459円(税込)と、他のメーカーと比べ大変リーズナブルです。

ちなみに他のメーカーの同サイズのテントだと15万円以上します。

まとめ

避難所はプライバシーが確保できず、とくに女性には過酷な生活です。

テントがあれば、プライバシー空間が確保できますし、普段はキャンプも楽しめますよ。

日頃から避難生活を意識して、いざというときに、つらい思いをしなくてもいいように準備をしときましょう。

<災害時は人を頼りにできない>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる