時間を節約しないと損「減らす」を意識してゆとりのある生活を送る方法

バタバタしてたら「あっという間に1日が終わってしまう」、そんな生活を送っていませんか?

自分の時間を楽しみたい、他のことに時間を使いたいと思っても

  • ゆとりがない
  • 時間がない

など、悩んでいる方は多いはず。

ゆとりのある生活を送るためには、「減らす」を意識することが重要です。

今回は、「減らす」をキーワードに、忙しいサラリーマンのための時間節約術をご紹介します。

目次

服を減らす

毎朝「なにを着て行こうか」など、悩んでいませんか?

朝の5分、10分のちょっとした時間ですが、1年間で見ると1日5分で約30時間/年、1日10分で約60時間/年の時間を費やしていることになります。

女性の場合だと、なんと1日平均17分も時間をかけているそうです。

Appleの創業者「スティーブ・ジョブス氏」や、Facebookの創業者「マークザッカーバーグ氏」など、世界的成功者が毎日同じ服を着ていることは有名な話ですね。

ではなぜ、成功者と呼ばれる人たちは「毎日同じ服」を着るのでしょうか。

それは「服を選ぶ時間がもったいないから」との理由です。

世界的成功者の例は極端ですが、着る服を限定することで

  • 悩む時間がなくなる
  • 服を買わなくていい
  • クローゼットがスッキリする

など、時間だけではなく、お金も節約できます。

でも「いつも同じ服を着てたら周りから変な目で見られるのでは?」と思う方もおられるでしょう。

安心してください。

他人はそこまで、あなたの服装に興味を持っていません。

あなたは昨日会った人が、何を着ていたか思い出せますか?

人の記憶なんてそんなものです。

洗い物を減らす

食器洗いにかかる時間を知っていますか?

主婦を対象に、アンケート調査を実施したところ、食器洗いにかかる時間は、1回あたり約19分、1日に2回食器洗いをすると約38分というデータがあります。

1日約38分を1年間で見ると、約231時間/年の計算になります。

ものすごい時間ですね。

この時間を節約するために「食器洗い乾燥機」という手もありますが、ここでは「洗い物を減らす」ことにスポットを当てて考えてみましょう。

食器洗いに時間がかかる理由として、一番は「洗う食器が多い」からです。

単純に考えて、洗う食器が半分になれば洗う時間も半分になります。

例えば、1人でコーヒーを飲むコップ、お茶を飲むコップ、ジュースを飲むコップなど使い分けていた場合、洗うコップは3つになりますが、これを1つのコップですませれば洗うコップは1つになります。

私は、コーヒーやお茶、ビールなどをすべて、1つのタンブラーで飲むようにしています。

<私も使っている、サーモスのタンブラー>

食事の際も、おかずを別々の皿に盛り付けるのではなく、1つの皿に盛り付ける「ワンプレート」にすることで、洗う皿を減らすことができます。

また、食器棚に眠っている食器を処分すれば、食器棚もスッキリするし、余計な皿を使わなくてもよくなります。

洗う食器が減れば、シンクに山盛りになった大量の洗い物を見て、受ける精神的ダメージも少なくてすみます。

ちょっとした工夫で洗い物を減らし、時間を節約しましょう。

スマホ時間を減らす

日本人のスマホ利用時間は、平均2時間30分とされています。

1日2時間30分のスマホ利用時間を1年間で見ると、なんと約900時間/年です。

とんでもない時間ですね。

夜ご飯を食べてから寝るまでの間、スマホをいじってるってことありませんか。

このスマホの利用時間を減らすだけで、相当な時間節約になります。

サラリーマンの1日の自由時間を算出してみます。

  • 睡眠時間:7時間
  • 通勤時間(往復):2時間
  • 仕事時間:8時間
  • 食事(朝夜):1時間
  • 入浴:0.5時間
  • その他:1.5時間

合計20時間となり、サラリーマンの1日の自由時間はたったの4時間ほど

この4時間の大半を、スマホに費やしているなんてもったいないですね。

各種アプリの通知をOFFにすれば、スマホを意識する機会が減りますので、今すぐ通知をOFFにしましょう。

1日にスマホを使う時間帯を決めるのも1つの方法です。

持ち物を減らす

持ち物を減らすことで、時間を節約できます。

例えば

  • 探す時間が減る
  • 買う時間が減る
  • 使う時間が減る

などですね。

身の回りが物であふれると

  1. どこにしまったか分からなくなる
  2. 探している間に他の物が気になる
  3. 物に意識を奪われる
  4. 結局探していたものが見つからない
  5. 新しい物を買う
  6. 買った後に出てきた

なんてことはよくある話です。

持ち物を必要最低限にすることで、身の回りがすっきりして、物に意識を奪われる時間がなくなります。

また、「必要のない物は買わない」と強い意志を持てば、買い物にかかる時間とお金を節約することができます。

今注目を集めている、「ミニマリスト」という生き方がこの考え方そのものです。

<プチミニマリストになる方法はこちら>

決断の回数を減らす

人が1日に決断する回数は、35,000回と言われています。

先ほどの「なにを着ようか」も決断です。

他には

  • なにを食べようか
  • なにを買おうか
  • どこに行こうか
  • なにをしようか

など、数えればきりがないですね。

決断を35,000回もするということは、それだけ悩む時間があると言えます。

単純に決断する回数を減らせれば、時間も節約できるというわけですね。

1日のスケジュール、1週間のスケジュール、1カ月のスケジュールを明確にすることで、決断回数を減らすことができます。

朝起きたら顔を洗う、朝食を食べる、歯を磨く、着替えるなど、一連の動作を習慣化すれば、次は「何をしようか」など悩まなくてすみます。

これを1日単位、1週間単位、1カ月単位で習慣化できれば、決断を減らし、効率よく行動できるようになります。

まとめ

時間を節約して、ゆとりのある生活を送るためのは、「減らす」を意識することが重要です。

  • 服を減らす
  • 洗い物を減らす
  • スマホ時間を減らす
  • 持ち物を減らす
  • 決断の回数を減らす

この5つの減らすを意識すれば、大きく時間を節約することができるでしょう。

節約した時間であなたは何をしますか?

<時短家電で夫婦円満の記事はこちら>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる