「お父さん防災対策してますか?」【風水害時の対応編】災害に備えて家族の命を守る!

こんにちは、防災士の「こう」です。

近年、台風やゲリラ豪雨により、数多くの災害が発生しています。

皆さんは、こんな悩みがないですか?例えば

  • 自宅が川の近くで心配
  • 土地が低くて、いつ浸水してもおかしくない
  • 裏山が崩れてこないか心配

など、大雨が降ると思いもよらない災害が発生する場合があります。

今回は、風水害時にどのように行動したらよいか、防災士教本を基にお話します。

<今回の記事の内容は>

  1. 早めの避難が命を守る
  2. 局地的大雨から身を守る
  3. 竜巻から身を守る

この3つをお話します。

目次

早めの避難が命を守る

危険・異変を感じたら早めに避難を

台風などの接近は、あらかじめ気象情報などで入手することができます。

また、最近の気象情報は精度が向上しており、比較的正確な情報が手に入ります。

テレビのニュース、ラジオ、インターネットなどで情報を入手し、「危険」「異変」を感じたら、避難情報を待たず、自らの判断で早めに避難することを心がけましょう。

<早め早めの情報収集を>

避難所へ行くだけが避難ではない

ただし、「暗くなってからの避難」や「雨風が強くなってからの避難」は、逆に危険を伴います。

ですから、いち早く情報を入手して、「明るいうちに」「雨風が弱いうちに」避難することが重要です。

すでに浸水などしているときは、無理に避難所へ行こうとはせずに、自宅や近くの建物の2階以上に緊急的に退避しましょう。

避難所へ行くだけが避難ではありません。ときには垂直避難を検討しましょう。

また、冠水した道路を自動車で避難することは危険です。

危険な行動は禁物

<次の行為は危険です>

  • 増水した河川、水路の様子を見に行く
  • 浸水した道路を自動車で走行する
  • 崖の近くに行く
  • 海を見に行く
  • 暗くなってから出歩く

このような行為で毎年犠牲者が出ています。絶対にしないでください。

<避難行動3つのポイント>

局地的大雨から身を守る

近年は、局地的大雨、いあわゆる「ゲリラ豪雨」が発生して、被害をもたらしています。

ゲリラ豪雨は、短時間に局地的な大雨を降らし、甚大な被害を発生させています。ゲリラ豪雨は狭い範囲で生じるので、いつ、どこで降るか予想が困難であることから十分に注意が必要です。

特に、川釣りや河原でのキャンプやバーベキュー、親水公園での水遊び、アンダーパス(鉄道や道路の下をくぐって抜けるような場所)、周辺より低い道路や土地などは、局地的大雨の影響を受けやすいので特に注意が必要です。

<気象庁では次の前兆現象に注意するよう呼び掛けています>

  • 真っ黒い雲が近づき、周辺が急に暗くなる
  • 雷鳴が聞こえたり、雷光が見えたりする
  • ヒヤッとした冷たい風が吹き出す
  • 大粒の雨やひょうが降り出す

このような前兆現象を感じたら、早めに避難することが大切です。

竜巻から身を守る

近年、日本においても、各地で竜巻が発生しやすくなっています。

気象庁では、竜巻が発生しやすい気象状況になると「竜巻注意情報」を発表して注意を呼び掛けています。

<竜巻からの身の守り方>

①屋外

  • 近くの頑丈な建物に避難する
  • 逃げ込める建物がない場合は、近くの水路やくぼみに身を伏せて、頭を守る
  • 車庫、物置、プレハブを避難場所としない

②屋内

  • 雨戸、シャッター、カーテンを閉める
  • 窓から離れる
  • ドア、壁から離れる
  • 一階の中心部の部屋に移動する

物置などの軽い建物は、竜巻により簡単に飛ばされてしまします。

竜巻に遭遇する前に、早めに頑丈な建物に避難しましょう。

また、竜巻が近くで発生して避難する時間がない場合は、近くの水路やくぼみに身を伏せ頭を守りましょう。

まとめ

なにより早めの避難が基本です。

気象情報は、受けるのではなく「自ら取りにいく」が重要です。

日頃から必要な気象情報をどうやって入手するか、どこに避難するかなど、「シュミレーション」しておくといざというときに役にたちます。

<防災対策【備え編】はこちらの記事へ>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる