【2020年10月26日】鳥取県中部地区の晩秋エギング釣果「大荒れでも釣れるのか?」

10月も終わりの頃、中部地区は秋のエギングシーズンの終わりを迎えようとしていた。

そもそも鳥取県中部地区は、エギングに向かない地域でシーズンが短い。

今回は、波高1.0m(中部地区では高い)の予報の中、最後のチャンスと思いエギングを決行した。

こう

大荒れの中、エギングに挑戦してきました。
良い子のみんなはマネしないでね!

目次

エギング釣行データ

釣行データ
  • 2020年10月26日 17:00~19:30
  • くもり
  • 波高1.0m
  • 長潮
  • 釣果:4はい 胴長10cm~20cmぐらい

鳥取県中部地区は堤防が低く、外海に面した場所では波高1.0mでも波をかぶることがある。

また、秋イカシーズンはなぜか海が荒れることが多く、なかなか釣りができない。

私の行く釣り場は、波高1.0mがギリギリのライン、波が走っていれば諦めるしかないのだ。

荒れていてもアオリイカは釣れる

うねりは強いが波は走っていない

仕事が早く終わり、エギングへ向かうことに。

急いでいつものポイントへ車を走らせる。

だんだん海が近づいて来る。「どうだ、波は?できるか?むむっ!ギリ大丈夫か?よし、やってやる」なぜなら今日は釣れる気がするからだ!(いつもだけど)

いつものポイントに到着。気がはやりライフジャケットを着るのに手間取る。

準備完了!ここから石の上を10分ぐらい歩き指定席へ。

思ったよりうねりが強い。だが、波が走っていないのでギリギリできる状況だ。

上下するうねりでエギの操作感がわからない

弱気になりながら投げてしゃくるが、エギを操作する感覚がわからない。

始めてから40分が経過。

釣れない、諦めかけたその時、何かに引っ掛かった。

根掛かりかと思ったら

「ちぇっ根掛かりか…。ん!?」ロッドに生命反応が伝わる。

「イカだ!やった!イカだ!しかもいいサイズ」

久しぶりのギャフの出番。

しかし、うねりでアオリイカが激しく上下する。

ほんのわずかなタイミングを見計らい、慎重に慎重に…。

「よっしゃー!ゲットだぜ!」

この後、3杯釣り上げ納竿しました。


<鳥取県中部のエギングのやり方はこちら>

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!
目次
閉じる